NHK朝ドラエールで「船頭可愛や」の歌声が素敵!この歌い手は? 

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




6月2日放送のNHK連続テレビ小説「エール」で、主人公(窪田正孝)のモデルとなった古関裕而さんが作曲した「船頭可愛や」を歌ったのは誰?

歌声が素敵!でしたね。昔の民謡のような歌い方で抜群に歌が上手!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「エール」で「船頭可愛や」を歌ったのは?

「船頭可愛や」を歌ったのは女優の井上希美(28)さん。

「船頭可愛や」はゆったりとした曲調で、
夢もぬれましょ 潮風夜風 船頭可愛や…

と古き良き時代を感じさせる歌のようです。

「船頭可愛や」(1935年)は大正、昭和に活躍した歌手の音丸さんが歌った曲です。
実際、古関裕而さんの1番初めのヒット曲になります。

この作詞家の高橋掬太郎氏との出会いが
古関裕而さんの運命を変える事になるんですね。

ドラマで曲名は「船頭可愛いや」となっており、げた屋の娘なのですが、
芸者としてレコード会社に連れてこられた藤丸(井上希美)が歌いました。

チーフ・プロデューサーは「昔の民謡のような歌い方をしなくてはならず、高度な技術が求められる。井上さんは見事にこたえてくれた」
と。

「井上さんはミュージカルで、あっという間に主役をつかんだという経歴の持ち主で、抜群に歌が上手なので、それも決め手になった」と井上の起用理由について語っておられました。

スポンサーリンク

人気記事 >>> としまえんは8/31に閉園その跡地になぜハリーポッターなの?

NHK朝ドラ「エール」で歌った井上希美さんとは?

「船頭可愛や」を歌った音丸をモデルとする藤丸を演じるのは 井上希美さん。ツイートしておられます。

劇団四季出身で「美女と野獣」のベル役を演じたこともあるので歌の実力は折り紙付きのようです。

音丸歌唱による「船頭可愛や」を忠実に再現していたとか。

昭和初期の歌手音丸とは?

「船頭可愛や」を歌っていた藤丸のモデルは昭和初期の歌手音丸です。本名永井満津子。

ドラマでは下駄屋の娘という設定ですが、音丸は下駄屋の奥さんでした。

品川宿の天妙国寺にお墓があります。
墓碑の脇には「船頭可愛や」の歌碑がありました。

関連記事 >>> 紺碧の空の意味は?エールより早稲田大学応援歌の誕生秘話を訪ねて

おしまいに

本日の朝ドラで芸者見たさに駆けつけた
鉄男君、久志君旧友ふたりの間抜け顔
良かったですね~。

でも「船頭可愛や」を歌った井上希美さんの美声に
裕一さん、鉄男君、久志君もびっくりでしたからね。

朝から素敵な歌声が聴けてよい一日の始まりでした!

関連記事 >>> 古関裕而氏の像や生誕の地記念碑・記念館はどこ?口コミ情報は?

タイトルとURLをコピーしました