下弦の月タイプはどんな人?適職は何?どのタイプと相性がいいの?性格はどうだろう?

占い

下弦の月タイプの人は、何事もそつなくこなす、かわいげのある天然タイプです。

 

星ひとみさんの占い「天星術」において、各天星タイプにはもともと持っている性質があり、普段、表に現れるのが「光」の性質にあたると言われています。

 

一方、運勢のバイオリズムが崩れる時期のことを「影」と呼び、自分でも知らなかった性質が表に現れてくるようです。

 

あなたの周りの下弦の月タイプさんはどうですか?わたしの夫は動物占いでは、「たぬき」で「かわいげのある天然タイプ」ってところが同じだったのでなるほど!って思いました。

スポンサーリンク

下弦の月タイプの適職は? 金運は?

下弦の月タイプの適職

大きな組織の中で能力を発揮するタイプです。

時間をかけてコツコツと努力を重ね、堅実に仕事を続けていれば大きく成長するでしょう。

資格を必要とする職種も向いていますので、国家資格取得もおすすめです。また話術を磨いておくと、より飛躍できるかもしれませんよ。

向いているのは、教師、研究者、法曹関係などです。

下弦の月タイプの金運

興味があることで稼げば、大きな財産を稼げます。

半面、目標がないと全く貯まらないのがこのタイプと言われます。普段から無駄遣いせず、きちんと、仕事に取り組むことが大切ですよ。

スポンサーリンク

大器晩成なので焦りは禁物です。また、人脈によって安定した金運を得られるタイプでもありますので、人脈作りは怠らないようにしましょう。

 下弦の月タイプの相性はいかが? 性格はどう?

お相手のタイプが気になる方は星ひとみ☆幸せの天星術

相性がホットなタイプは?

上弦の月:すれ違い お互いに自分にないものを持っている相手に惹かれますが、すれ違いもあります。

下弦の月:💛安らぎ 何も言わなくても気持ちが通じるので、心地よさを感じられます。

山脈:褒める 相性は悪くないのですが会話がかみ合わないこともあります。相手を褒めてくださいね。

大陸: 💛相乗効果 本音で付き合える相手。一緒にいるとお互いの魅力を引き出します。

真昼 : 頼る 自分にない決断力や行動力を持った相手。リードしてもらえます。

夕焼け:合わせる ペースが違うのでギクシャクしますがお互いが歩み寄れば大丈夫です。

深夜:💛刺激 お互いの才能や感性が刺激し合うかけがえのない存在です。

相性がクールなタイプは?

満月:不思議 何気ない話を自慢と取られたり誤解されやすい相手。相手に合わせて。

新月:難解 相手がなかなか心を開いてくれず疲れてしまうかも寛大な心で接して。

空:迷走 意思疎通 が難しく悩んでしまいそう。共通の目的があれば OK。

海: 一方通行 あった瞬間から引かれる相手ですがなかなか理解できず困惑しそう。

朝日:困惑 感覚が合わず2人きりになると困ってしまいそう。第三者を交えて。

運命の恋は? 

星ひとみさん曰く
下弦の月タイプは、普段から褒められることに喜びを感じているので、自分の言葉にしっかり耳を傾けてくれる人は貴重な存在です。

上辺の自分ではなく深い部分で繋がりを持とうとしてくれる相手や尊敬できる人に強く惹かれるでしょう。 運命の恋人探しの最重要ポイントは、外見にはあまりこだわりがなく自分を理解してくれるかどうかが大切であると言われます。

普段の下弦の月タイプは面倒くさがりなくせに、人からの評価を気にするところもあるため自分を偽ったり余計なアピールをしがちです。 一度誠実なお付き合いをすれば素の自分でいることの幸せを実感し、この上ない安らぎを感じられるでしょう。

また自分の話ばかりではなくて、話の聞き役に回ることで信頼され強い絆が生まれます。 感覚が似ている人とお付き合いするので趣味が似てることも多く、何気なく過ごす時間も楽しめるでしょう。なんでも話し合える理想的な関係を築くことができると言われています。

宿命の恋は?

星ひとみさん曰く
下弦の月タイプはもともと強く自分の実力を認めてほしいという強い想いを持っています。 だからこそ多くの関心を得るためについ八方美人になってしまうのです。

パートナーがいても自分の頑張りを褒めてくれないと不満が募り外に癒しを求めるようになります。 また、ちやほやされた思いが強すぎるため恋人に不満が募るとよそ見をしがちです。 平凡な日常を退屈に感じて刺激を外に求めてしまいます。

実は単純でノリやムードに弱く、自分に好意を寄せてくれる人に強く迫られると、自分に恋人がいるいないにかかわらず断りきれずにズルズルと続けてしまうこともあります。 本当に大事なものを失うことのないように地に足の着いた行動を心がけましょう。

相手に上手に合わせられる下弦の月は、素の自分をさらけ出すことがあまり得意ではありません。 合わせすぎて本当の自分がわからなくなり疲れてしまうことのないように、上手にバランスをとりましょう。

参考にした書籍:星ひとみの「天星術」

さいごに

 誰しも生きている中で運勢の「光」の時期と「影」の時期があります。「影」の時期には自分でも気づかない知らなかった性質が表に現れるのですね。

 

「影」の時期は人によって異なるけれど、運勢が不安定な時期なのです。

 

自分に思い当たる言葉や意外なメッセージがありましたか?幸せをつかむためには、光の部分だけでなく、影の部分とも向き合うことが大切であると説かれています。

 

ぜひ参考にしてこれからの対処に役立ててくださいね。

★星ひとみさんに学ぶ天星術タイプ別 記事一覧へ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました