エアコンの電気代を節約するワザ!在宅ワーク増え節電をいかにするか?

くらしの知恵の輪

換気の際はエアコンを消しますか?そのままエアコンをつけっぱなしですか?

どちらが電気代を節約できるか考えたことありますか?

日本の年間平均気温は年々上昇中。そのため今年の夏も猛暑となる日が増えることが懸念されています。

そこで今回エアコンの電気代を節約するワザを深堀りしてみましたので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

エアコンの電気代を節約するワザ

エアコンのメーカー・ダイキンによる『知っておきたいエアコン節電方法』をご紹介します。

ことしはコロナ禍の夏であり、おうち時間を健康で快適に過ごすためには、定期的に窓を開けて換気をしながらエアコンを使う必要があります。

窓を開けると外の熱気が室内に入ってくるため、換気中にエアコンをつけていると電気代がもったいないのでは?と感じる方も多いはずです。

しかし、ダイキンが行った実証実験では「窓開け換気の度にエアコンの電源を小まめにオン・オフ」するよりも、『エアコンをつけっぱなし』にした方が、電気代が1日で約45.7円(1カ月換算でなんと約1,371円)安くなったと伺いました。

できるだけ消費電力を抑えられる適切な方法でエアコンを運転することが大切ですね。

エアコンの運転モードは「自動」が電気代節約

電気代節約のためにはエアコンの運転モードは「自動」が正解でした。

スポンサーリンク

電気代節約のためと微風や弱風運転に設定している方がいますが、実はエアコンで最も電力を消費するのは、電源を入れてすぐの時など設定温度にまで温度を上げるもしくは下げているときなのです。

設定温度に達した後、空間の温度を維持する際に使う電力は実は『少なめ』なのです。

微風や弱風だと、設定温度にするまでに時間がかかり、無駄な電気代がかかってしまうようです。「自動」にしておくことが一番効率良い方法ですよ。

エアコンは1℃上げるだけで約10%もの節電ワザ

冷房時は、設定温度をたった1℃上げるだけで約10%もの節電になります。

外気温とエアコンの設定温度の差が小さいほど消費電力は少なく、差が大きいほど多くなります。

たとえば夏場の冷房時は設定温度をたった1℃上げるだけで、なんと約10%もの節電に。節電のための設定温度は『28℃』が目安です。

エアコンをつけなかったり、我慢しすぎると室内での熱中症の危険もあります。

特にお年寄りや小さいお子さんは体温調整がうまくいかず体調を崩してしまう恐れがあります。暑い日は我慢しないで温度を下げ、適切にエアコンを利用しましょう。

室外機の吹き出し口にご注意!

せっかくの節電努力がムダになる!?

屋外にあるエアコン室外機の吹き出し口がふさがれると、お部屋の暑い空気を放出できず、再び室内に取り込んでしまうことになりますよ。

これではエアコンの冷却効率が著しく低下し、ムダな電気代がかかってしまいます。

冷房使用時は室外機にカバーをかけず、また吹き出し口付近やその周辺に障害となるものを置かないよう注意が必要です。

関連記事 >>> ポータブルエアコン冷却フィルターでUV除菌の機能あるの?口コミは?

さいごに

昨年熱中症で緊急搬送された人の4割以上が自宅で熱中症になり、また屋内で熱中症により亡くなった方の9割がエアコンを使用していなかったのです。

熱中症の危険からご自身や大切な家族を守るためにも、適切なエアコン使用は欠かせません。特に年配の方や小さいお子さんたちは体力も少ないので、猛暑の際は気をつけてあげたいものです。

夏になってからでは遅いのですが 試運転もお忘れなく確認しましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました