夏の洗車の時間帯・やり方のコツは?シャンプー・すすぎで時短できるグッズは?

くらしの知恵の輪

洗車が苦手な人でなくも、夏の洗車はハードルが高いですね。

でも大事な愛車が汚れっぱなしで言いわけはありません。この夏は少しでも暑さを避ける工夫やスピード優先の洗い方を覚えて愛車をしっかりリフレッシュさせてあげましょう。

自分の手で綺麗になった車は、見違えるほど愛着がさらに深まりますよ。

スポンサーリンク

夏場の洗車はは避けたい

猛暑の中で洗車する場合、熱中症など真っ先に体調面が不安になります。

「暑くてやってられない」と言いたくもなりますが実は難点はそれだけじゃありません。

夏は高温や強い日差しで車のボディが熱くなり、水滴や液剤が早く乾いてしまうため、洗車に時間がかかると痕が残ってシミになりやすいんです。

夏場の洗車にがんばってチャレンジしたけれど失敗に終わったり、自分でうまく洗える自信がなかったりで、ガソリンスタンドの洗車機に頼りがちなオーナーさんも多いのではないでしょうか。

夏の洗車の時間帯・やり方のコツは?

サクッとスピード洗車術で暑さ対策+時短で行きましょう。

夏には夏の洗車方法でいきましょう。

夏だからといって待ってくれないのが車の汚れです。。

スポンサーリンク

特に夏場に増える「虫汚れ」は曲者で、タンパク質や酸を含んでいるため、固着してしまうとなかなか落としにくくなります。

そうなる前に取り除くことが大切です。 洗車を怠けてはいられないわけです。では具体的にどうするか?まずはできるだけ暑さ対策を整えましょう。

タオルや冷却グッズ、冷たい水分を用意して、車はなるべく直射日光が当たらない場所に置きましょう。曇りの日や比較的気温の低い朝夕の時間帯を選ぶのもコツです。

そしてとにかくって早くさっと「時短」で洗車することにします。
雑に洗おうという意味ではありません。例えば使うシャンプーや液剤、グッズの選び方を意識するだけでも洗車時間の短縮につながります。

ご紹介するスピード洗車術ならきっと夏に負けずに愛車のお手入れを始められます。

夏の洗車のコツで時短できるグッズは?

①スピード優先でシャンプー選び

ボディ洗いは泡切れよく、すすぎの速いものを使うことです。

ボディ洗いでは水滴が乾いてシミにならないように、できるだけスピーディーに洗い、水を切ることが大切です。シャンプーもスピードを優先して、なるべく泡切れがよくて、すすぎの速いタイプのものを選ぶのがコツですよ。

香りのよいアロマタイプのシャンプーを使ったりすると、洗車中のテンションも上がり楽しくできてしまいます。

②ウオッシンググローブでスピードアップ

水洗いでボディ全体をよく冷ましてからシャンプー洗いに移るのですが、ここで使いたいのがウオッシンググローブです。グローブタイプは施工面積が広いため、洗車時間を短縮できます。

この時のポイントは除菌退治と同じで「手の動きを一方向へすべらせる」ことです。

速さを優先させるあまり、手の動きを往復させるのは汚れも一緒に往復してしまうのでNGです。

 

③水滴はとにかく手早くふき取る

シャンプーの泡を水で洗い流したら、水滴が残らないように水を切ります。水切りワイパーを使うのが効果的ですが、ボディとのすき間に砂ホコリなどが入るとキズの原因になるため、風の強い日は避けるのが無難です。

ふき取りようのマイクロファイバークロスなどは大判のものを使うと、水滴がよりスピーディーに取り除けます。

仕上げは?

カンタンなスプレータイプでサッとコーティング

洗車後の仕上げも液剤が乾いてしまわないように、直射日光を避けてやりましょうね。

時短のためにおすすめは、スプレータイプのコーティング剤です。

スプレーして拭き上げるだけでコーティングできますので、最後のひと手間がカンタンに済みますよー。

汚れをつけにくく、落としやすくするコーティング本来の汚れを防いでくれる効果はもちろん、UV吸収剤配合のものを選べば、強い紫外線からボディを守るのにも役立ってくれます。


お役立ち記事 >>> エアコンの電気代を節約するワザ!在宅ワーク増え節電をいかにするか?

タイトルとURLをコピーしました