高カカオチョコのおすすめは通販で購入!食べ比べたおいしい情報とは?

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




最近、高カカオチョコレートに脂肪肝や高血圧を改善する効果また、認知症の予防効果があることがわかってきています。

「高カカオチョコレート」って苦み・渋み・酸味が合わなくて人によっては食べ辛いですか?

健康に良いということで市販の高カカオチョコレートを買っても食べ続けることが出来なかった私と同じ方には朗報ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チョコレートはどんなものを選ぶ?

血圧を下げる作用を期待するにあたって、おすすめされるのは70%以上の高カカオチョコレート ですね。

今までスーパーで売れていた市販の緑色の箱のもの等、種々ありますが、個包装で割高であり、ミルクチョコ好きの私にはビターなチョコレートを続けて食べることが苦痛でした。

なので、すぐに飽きてしまい高カカオチョコレートからは遠ざかっていました。

バレンタインデー前にネットでチョコレートの検索をしていたところ、

チョコレートソムリエ監修”「チョコレート会社が本気で作ったハイカカオチョコレート」苦味・渋味・えぐ味・酸味 を極限まで抑えました。そのため、一般的なカカオ70%チョコレートより、食べやすく、甘味を感じます。
ハイカカオチョコレートが食べにくく感じていた方にぜひ食べていただきたいチョコレートです。

こだわりの品質、香り、味ですが、製造中に割れてしまったり、形が不揃いになったものを訳あり特別価格にて販売いたします。

「お徳用!カカオ70%以上 高カカオチョコレート しかも美味しい!」
少し疑いながらも一度買って味見をしてみようかなと思い購入してみました。
それがこちら Chocodoneショコドーネ 訳ありCacao70% chocolate

カカオ70%以上の高カカオチョコレートでおいしくて食べやすいものをネットで見つけました。

注文したら、翌日にはダンボール箱でチョコ400g入りが2袋入って届きました。

袋の大きさは、A4用紙より一回り小さいサイズです。

「製造工程でできた不揃いな形のものを、大袋に入れてお届けしています。
どのタイプの形状のものが入るかは、お任せとなります。」と記載してあったので

割れチョコタイプ
ブロックチョコタイプ
板チョコタイプ

どれが届くのかなー?と楽しみに袋をあけてみたら中身はブロックチョコタイプでした。

スポンサーリンク

キュービックで5gの一口サイズのチョコがどっさり!

高カカオチョコレート肝心のお味は?

商品の説明どおり、苦味・渋味・えぐ味・酸味が少なく食べやすい味でした。
スケールで計量したらぴったり1個が5gでした。
1日に食べるチョコは5個の計算になります。
継続して食べないと意味がないので、食べ続けてみます。

高カカオチョコレートの働き

カカオ含有量が70%以上の高カカオチョコレートは1日25グラムを数回に分け、食前に取るのがベストだと言われています。
・血圧を下げる作用を期待できます。
・糖質の吸収を抑える食物繊維が豊富です。
・抗酸化力のあるポリフェノールも含み、肝機能改善に役立ちます。

毎日の食事の見直しだけでなく、運動を日常習慣に取り入れて肝臓にたまった中性脂肪を燃やすことも大切なようです。

有酸素運動は特に有効で、呼吸とともに取り込む酸素によって脂肪は燃えやすくなるのだとか。

「1日30分、ウオーキングで軽く汗ばむくらいの早歩きを行うとよい」と専門家のアドバイスがありました。

健康番組でよく言われていますが確認のためにレポートします。

「ウオーキングだけでなく筋肉を増やす運動にも時間をかけましょう」ですと。

スロースクワットを朝晩10回ずつ行うことを推奨されています。

「5秒かけて息を吐きながら膝を曲げ、また5秒かけて膝を伸ばす。ゆっくり動かすのがコツ」のようです。

認知症の予防効果が確認

カカオが70%以上含まれた高カカオチョコレートで高血圧、認知症の予防効果が確認されました。

愛知学院大学大澤俊彦教授の研究グループの報告によりますと、毎日25gの高カカオチョコを4週間食べ、4週間後に体の変化を調べてみられました。

たんぱく質の一種で、脳の神経細胞の成長や再生に深くかかわっている「BDNF」という物質が増えていることがわかりました。

「BDNF」とは、脳の中の記憶を携わっている海馬に多く含まれている物質だそうです。

海馬の機能が衰え萎縮するとアルツハイマー型認知症になると言われています。

「BDNF」は、加齢とともに減少してくることはわかっており、また同じ年令でも「BDNF」の量には個人差があるようです。

また「BDNF」の量が少ない人は、認知機能が低いこともわかっています。

「BDNF」の量を高く保つには、運動(ウォーキング等)が良いと言われています。
運動で筋肉を動かすことで血管の収縮、拡張が行われ血液量が増えるからです。

血液量が増えることで脳の血液量も増えその結果「BDNF」の活性化につながるからです。

この「BDNF」の量を増やすのに高カカオチョコレートが一役かっているのです。

カカオポリフェノールは抗酸化作用が高く、
脳の血液量を増加させるため「BDNF」が増えるのではないかと考えられています。

高カカオチョコレートが血圧を下げる

血圧が上昇する原因の一つはナトリウムの過剰摂取と言われます 。

例えば塩分の多い食事をしていると血液のナトリウム濃度が高まり、それを薄めるために血液量が増え、血管内膜に圧力がかかって高血圧になるようです。

反対に血圧を下げるにはカリウムが役立ちます。カリウムは血管を拡張させる働きがあり、血圧が下がります。

チョコレートに多く含まれるマグネシウムは、ナトリウムとカリウムのバランスを調節する働きがあり、ナトリウムの排出を促して血圧を下げ安くするようです。

またチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには高い血圧によって傷ついた血管を修復する働きがあると言われています。

血管内膜に高い血圧がかかり続けると傷がつき、プラーク( LDLコレステロールや脂肪などからなるかゆ状物質の塊)が形成されるようになります。

プラークが増大すると血栓が生じて血管が詰まって、血液が流れなくなるとか。これが心臓で起きると心筋梗塞、脳で起きると脳梗塞につながるようです。

カカオポリフェノールは、血管内膜についた傷を修復し、プラークの形成を防ぎ、また血液の流れをスムーズにする作用もあり、血圧の低下に役立つと考えられています。

実際に高カカオチョコレートを摂取することで、高血圧の人ほど血圧がよく低下したと言う研究結果が得られています。しかし血圧を下げたいからと言って食べ過ぎには要注意ですよ。

こちらがおすすめのチョコです!

 

おわりに

私自身は若いころはそこまで、血糖値、血圧、脂肪などあまり気にせず過ごしていたのですが、更年期に入る頃から徐々に意識し始めて、今では健康に注意しないといけなくなりました。

私は以前からテレビで高カカオチョコレートの健康効果についての話題を見て食べていました。元来ミルクチョコレートが好きだった私は高カカオチョコレートをどうしても身体に良いからと、頑張って食べるチョコレートでした。

でも今回購入した高カカオチョコなら続けて食べれそうです。チョコレートをおやつ代わりに毎日食べることが認知症や高血圧・脂肪肝の予防に繋がるのなら良いですよね。この高カカオチョコレートはおすすめです。

そして、運動も。大腿筋を鍛える運動で下半身に筋肉がつくと基礎代謝が増えて、ウオーキングの脂肪燃焼効果も高まるそうです。
運動不足の私は耳が痛いのですが、地道な取り組みによって脂肪肝は改善するようです。ご参考までに。

関連記事 >>> はちみつでからだの健康づくり!口内炎・虫歯・骨粗鬆症の予防?

タイトルとURLをコピーしました