東京から足立美術館へアクセスはサンライズ出雲を利用した島根観光体験談!

お出かけ情報
スポンサーリンク




「サンライズ出雲」という列車に乗ったことがありますか?

この列車は東京と島根県出雲市を結ぶ寝台特急です。新幹線以外では日本で最長距離を走る特急列車で953.6kmを駆け抜けます。

現役で定期運行されている貴重な寝台列車です。大都会から神話の故郷へノスタルジックな鉄道の旅が味わえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

足立美術館へ東京からサンライズ出雲で行くアクセスは?

米誌ランキングで「16年連続庭園日本一」に選ばれています。

「白砂青松庭」「枯山水庭」等は大小の木や立石がバランスよく配置され
自然の山々との調和が美しい主庭は目を見張る美しさがあります。

借景から霧雲が湧いてくる山並みをみていると名画を一人占めしているようです。


足立美術館を観光したいときサンライズ出雲を終点出雲市まで乗らず安来駅で下車して足立美術館を先に見学された方が効率がよいかと思います。

サンライズが安来駅に9時過ぎに着きます。

安来駅前から無料のシャトルバスがあります。足立美術館まで20分位で着きます。館内は2時間もあれば、ゆっくり見学できますよ。

その後JRで松江方面または出雲方面へも足をのばしてもいいですね。出雲大社へ行く場合はJR出雲市駅から徒歩移動で一畑電車を利用すると便利です。

スポンサーリンク

足立美術館の見学

足立美術館は昭和45年に開館され創設者の足立全康の庭づくりの情熱が注がれた5万坪の日本庭園と名画のコラボに魅了されます。

陶芸に興味のある方は、河井寛次郎と北大路魯山人の2巨匠の陶芸作品が展示されています。

また、浮世絵の展示品もたくさんあり楽しめます。

足立美術館の館内喫茶室でランチ

喫茶室 大観

足立美術館の館内には、ふたつの喫茶室があります。池庭に囲まれた「喫茶室 大観」は水面に映える陽光や鯉を眺めながらゆったりと景色も楽しむことができます。

館内でケーキセットなどの甘味メニューのほか、島根和牛のカレーや笹巻きおこわなどの軽食も用意。ランチとしていただくことができます。

館内でランチを食べるならお早目に!先手必勝です。喫茶室前にすごい人の行列で館内にカレーの匂いが立ち込めているのに食べれないと悲しいです。

連休などは長蛇の列で食べれなくなります。ここでランチができれば、すばらしい思い出となるはずです。

喫茶室 翠

「喫茶室 翠」はいわゆる館内にあるカフェで、コーヒーやドリンクが飲めます。高い天井に大きな窓の外には、足立美術館の枯山水庭が一望できます。

季節のアイスクリームや甘味などがあります。ここでしか頂けない味を楽しむのも贅沢なひとときです。

人気記事 >>> 玉造温泉で神社とセットで美肌祈願できる!?おしろい地蔵さまとは?

茶室 寿楽庵


「茶室 寿楽庵」は足立美術館館内の茶室で、椅子席で抹茶を楽しめます。招福や延命に功ありとされる純金の茶釜で沸かしたお湯で、お抹茶を出してくれます。

双幅の「生の掛け軸」を眺めながら安らぎの一服を頂けます。こちらの茶室がおすすめです。

おみやげ品がいっぱいのミュージアムショップもあり、「庭園もまた一幅の絵画である」という当館創始者の言葉を実感できるものになっています。

入館料2300円必要ですが、季節ごとに風情がある世界が注目する足立美術館の日本庭園には一見の価値あります!

東京から出雲大社へサンライズ出雲利用

出雲大社は2013年の遷宮以降、めざましく観光客が増えてきています。

一の鳥居から二の鳥居の直線道路である神門通りもカフェやお土産やさんなどが増えて都会的になってきました。

出雲大社の町の変貌を見られた東京から来た女性の感想を交えてお届けします。

島根には2011と2015年に観光に訪れました。東京を出発してサンライズ出雲号で利用して出雲市~東京を往復しました。島根県内の移動はバスをメインとして距離がある場所は電車を使用しました。

出雲大社の観光地が激変

2011年に訪れた時と、2015年に訪れた時では大分印象が違いました。

以前訪れた際は出雲大社駅や駅周辺は昔ながらの観光地という印象でちらほらお土産屋もありつつの普通の観光地という印象でした.

2015年に再訪した際は、駅舎もきれいなものに整備されていましたし、駅周辺もおしゃれなカフェやお土産屋、しじみのお味噌汁がいただけるという簡易的な飲食店もありました。

町全体がおしゃれで今どきな観光地になっていて、ガラッと印象が変わったのをおぼえています。

それだけでなく、出雲市から一畑電車で出雲大社へ向かったのですが移動中女性のガイドさんがいろいろと説明・案内してくれました。

随分とサービスが変わったんだなと感じましたが、観光客が以前の2倍~3倍以上増えているようでした。

観光客が増えているから施設が充実したのか、施設が充実したから観光客が増えたのかどちらが先なのかわかりかねますが。

2015年に訪れた出雲大社は遷宮の真っ最中でいろいろなところに制限がかかってみることができなかったのが残念でしたが、当然ながら寺社仏閣を見て回ってきた中でも雰囲気はトップクラスだと思います。

出雲大社は特別な場所なので、通常の二礼二拍手一礼ではなく二礼四拍手一礼が正式な参拝方法となります。

通常の二拍に慣れていると、四伯がどのようなテンポで行えばいいのか戸惑いってしまいます。

御祈祷を受けた際、神主様が四伯を「パン、パン、パン、パン」とリズミカルに打っていると「こんなに早いリズムで打つんだ…!」と少し面食らってしまいました。

ちなみに仮拝殿のしめ縄に10円玉などのコインを投げて刺さると効果があるみたいな噂があって、2011年時点ではそれが可能だったのですが、2015年再訪時は金属のネットで覆われていてそういった行為はできないようになっていました。

関係者の方に伺ったところ、「観光客が増えてほかの方に当たる危険性が増えたため、そういった行為をできない様に対策をしたと」のことでした。

また、お願い事の効果があるような噂がありますが、いつのまにか勝手に広まっていった噂のようで出雲大社とは関連はないとのことでした。

確かに、どこに行っても言えることですが観光客が圧倒的に増えています。日本人だけでなく外国人の観光客が圧倒的に増えています。

松江市八重垣神社へ参拝


こちらはガイド本にも穴場的な紹介をされていた神社です。

こちらも2011年訪問時と大分雰囲気が違いました。以前訪問した時は本当に穴場的でバスでも八重垣神社に行く人は数人程度でした。バスよりも車で訪れる方のほうが多いのかなという印象でした。

再訪時はほぼ満席で、立ち客が出るか出ないか程度の込み具合でした。当然神社に到着してもすぐに参拝できるような状態でなく、並びます。10分も並ばないくらいでですが、以前のシンとした静かな雰囲気を知っているだけに、少し落ち着かない感じがしました。

八重垣神社の名物としては通常のおみくじではなく、水に浸すとお告げが出てくるおみくじです。こちらを購入し、鏡の池に100円などの硬貨を載せて早く沈むと願いが早くかなうなどと言われています。

2011年、2015年ともに5秒以内に沈みましたがまだ願いは叶っていませんが(笑)

こちら鏡の池は神社からちょっとだけ離れています。

藪の中にあるので夏場だと虫よけなどの対策をしたほうがいいのかもしれません。

この八重垣神社も一部改装され、おみくじを買う場所に扉がついてちょっとした休憩所のようになっていたり、鏡の池周辺も目新しい柵があったり変わっている部分もありましたが、やはり穴場というには人が多すぎます。

鏡の池も池の周りに人がいて順番まで2~3周待つイメージです。

出雲のホテル・食事の口コミ情報

私は旅には「スーパーホテル」を利用しますが、出雲市駅から近くリーズナブルなうえ各地の料理朝食(フリードリンク付き)が楽しみなのと、出雲店は温泉がついているのが楽しみなポイントです。

また、出雲市駅の隣には「らんぷの湯」がありこちらもリーズナブルで温泉を楽しめます。

食事場所とお料理の感想


出雲、松江は出雲そばが本当においしいです。一番おいしいとおもったのは「献上そば 羽根屋」です。ガイドブックに載っていた店ですが、3枚のおそばをつゆをかけて食べるおそばです。ほかにも何店舗か出雲そばのお店に行ったのですが、いずれのお店もおいしいがったです。

2011年のときは、ふらっと入った居酒屋?で出雲そばを注文した時はう~んといったところもありましたが、基本ある程度調べていけばどの店でもおいしいいと思います。

情報としては少し古いかもしれませんが、4年で観光客が激増していることを考えると現在もさらに観光客は増加しているだろうというのは容易に想像できます。平日なのにも関わらず観光客の増加には驚かされました。

日本人観光客自体も増えていますが、増加のほとんどが外国人観光客というのもあります。

ほかにも穴場はあるのですが、あまり人がいなかった頃を思うとここまで人が多いと億劫になってしまいます。

数年前の平日でこの状況なので時期によっては虫よけ対策や寒さ対策などじっくりして参拝に出かけた方がいいと思います。

サンライズ出雲で松江下車~レンタカーで周遊観光~

今回松江駅からレンタカーで周遊観光した旅ブログをご紹介します。

出雲大社まで松江市内から通常ならば車で1時間くらいで到着します。今回松江で宿泊し松江市駅前でレンタカーを借りて松江~出雲の観光めぐり。。

女子旅で東京から松江駅までサンライズ出雲に乗っていきました。1月だったこともあり電車の中から雪景色を見ることができました。ただ窓際は寝るのに少し寒かったです。

八重垣神社では有名な鏡の池で恋占い


八重垣神社へ行き方はレンタカーで観光しました。八重垣神社は空いていましたが、有名な鏡の池の恋占いのところには数人いました。

この恋占いは初めての占いで思い出に残っています。友達が行きたいと何もわからずに行ったのですが、池に紙を浮かせ硬貨を乗せて早く沈めば縁が早いということで大変盛り上がりました。

関連記事 >>> 八重垣神社で占い紙破れた!? 鏡の池にイモリ登場‼占いその後は?

松江城散策とちどり茶屋で休憩

続いてレンタカーで松江城へ向かいました。平日に観光したので空いていました。お城の中もゆっくり見ることができました。

中の階段は急で登ったあとは達成感があります。それに松江の景色を堪能することができ素敵でした。

日本全国でも数の少ない現存天守なので、木のにおいが歴史を感じさせます。城好きなら絶対訪れるべき場所であると思います。

松江城の敷地内にある「ちどり茶屋」いう喫茶店があり、アイスクリームや出雲ぜんざいを食べてゆっくりすることができました。

周辺には武家屋敷などもあり、散歩をしながら観光を楽しむことができます。お土産屋さんも沢山あり、お買い物をするなら松江城周辺でするのもおすすめです。しまねっこのぬいぐるみも売っていました。

松江市内の昼食は「さくら川」で宿泊はビジネスホテル

松江市にあるさくら川という魚料理のお店に入りました。

中は個室もあり個室は広々していました。他のお客さんを気にせずに食事を楽しめるので、子連れで行くのもおすすめです。

刺身定食とのどぐろめしを頼んだのですが、今まで食べた刺身の中で一番というほどのおいしさでした。

この「さくら川」は地元でも魚料理がおいしいので人気なお店でおすすめです。

のどぐろも初めて食べたのですが、本当においしかったです。あとで聞いた話なのですが、魚問屋が経営しているらしく、おいしいお魚が安く仕入れられるということでした。

宿泊は「ルートイン松江」に泊ったのですが、ゆったり過ごせてよかったです。

出雲大社へ参拝


出雲大社へも松江駅よりレンタカーで観光しました。休日は混雑していましたが平日は空いていて待つことなく参拝できました。

御朱印ですが御朱印専用の受付があり、休日でも書いてくれる方が二人いたため早く順番が回ってきました。

広々としていてゆっくり見ることができました。出店も出ていて楽しく過ごせました。表参道には多くのお店もあり、まるで鎌倉の小町通りのような雰囲気があります。

近くのお蕎麦屋さんで割子そばを食べました。初めてだったので新鮮でみんなで写真を撮りました。いろいろな薬味を入れて食べるお蕎麦は新鮮で、小さな器に盛りつけられていて見た目も可愛いです。

境内は砂利道が多くベビーカーで移動するのがとても大変でした。小さな赤ちゃんを連れていく際は、抱っこ紐を利用したほうがいいかもしれません。

日御碕灯台から日本海を一望

日御碕では灯台に登りました。この灯台からは日本海を一望できます。青々とした海、澄んだ空、高所恐怖症の人には少し辛いかもしれませんが、登った後には達成感もあり、おすすめのスポットです。

私が登った時は2歳の子供と登ったのですが、階段がとても急なので、子供と登るときは注意が必要です。

また、灯台まで行く道の途中には数件のお店があり、かき氷やサイダーなど軽食を食べれるお店があります。

関連記事 >>> 稲佐の浜から砂を頂き出雲大社へ参拝前にぜひ寄りたい勝負の神の因佐神社へ

おしまいに

2019年現在島根県内の観光施設が以前と比べて観光客が多いため、
食堂やお蕎麦屋さんも店の前で並んで待っておられる状況です。

出雲大社周辺は特に人が多くて混んでいます。

宿泊の手配はお早めに、食事時間もお昼前11:00~11:30くらいに
設定しておくとよいですね。

サンライズ出雲で東京から出雲へ来て松江市内でビジネスホテルを確保して、
レンタカーで出雲~松江の観光地を周遊するのはとても懸命な方法であると思います。

自分の好きなように効率よく時間を使えますので、バスや電車の便が少ない島根では一番よい手段ですね。

ただし、ゴールデンウイークやお正月は出雲大社に向かう道路は大渋滞になり前に進まなくなりますから、この時は一畑電車のご利用をお勧めします。

足立美術館へも年々外国の方たちが増えていて大勢観光に訪れています。

休日は人が多いので少しでも早く到着して写真撮影すると良いです。

どうしても人がたくさんいて撮影が難しく良いショットが撮りにくくなります。

足立美術館館内でのお食事はぜひ早めのランチで極上のひとときを味わって頂きたいです。

ご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました