数秘術2女性の運気を上げるポイントは?性格はどう?相性のいい運命数は?恋愛傾向はどうだろう?

占い

数秘術「2」にはバランスという意味を持っていますが、一人だとバランスを保てず不安定になってしまうのです。

逆にパートナーの存在があると精神的に安定するとされます。そして、結婚生活もきっとうまくいくタイプでしょう。

数秘術「2」の女性の相性のいい運命数や恋愛傾向を探ってみました。

スポンサーリンク

数秘術の運命数 計算の仕方

例:平成2年10月21日 生まれの場合

①生年月日を西暦に直します。

1990.10.21

②生まれた西暦、月、日の数字を1桁になるまで1つずつ足します。

1+9+9+0+1+0+2+1=23=2+3=5

運命数は「5」となります。

③二桁になった時、ゾロ目の11,22,33が出た場合は
それを採用します。

スポンサーリンク

運命数は別名で(ソウルナンバーor 誕生数)とも呼ばれます。

数秘術2女性 性格

数秘術において運命数「2」の女性は人はもちろん、動物や植物を愛する心優しい修道女のようです。

生まれ持った人並み以上の感受性の鋭さや想像力があり、そして母性愛を持っているとされます。

優しさや慈愛心の持ち主であり、常に相手の立場を考えて、自分の事よりもまず相手や周囲を優先してしまいます。

 

相手の気持ちを瞬時に読み取り、周囲の思惑に左右されやすいです。争いごとを嫌い他人を思いやる、とても世話好きなタイプです。

数秘術2女性 相性のいい運命数

相性のいい運命数は?

運命数「1」
男性的で強くリーダーシップのある「1」の人は、女性っぽい「2」の人を引っ張っていってくれます。

「2」の人は、「1」の人をサポートすることにやり甲斐を感じるため、とても良い関係性となります。

恋人同士であれば、「1」がリードし、「2」がついていく男らしさと女らしさのバランスの良い関係になります。

仕事を一緒にするのであれば、「1」が計画を立て、「2」が経過観察する。 お互いにカバーし合い、支え合う2人となるでしょう。

 

運命数「6」
「2」も「6」も優しい性格で受容力があります。大きくぶつかりあうこともなく思いやれる相性です。

人に奉仕したい、協力したいという価値観も共通しており、一緒にいて楽な関係性となるでしょう。

恋人同士なら、いい意味で親子のような関係になりやすく、お互いにとってホッとする場をつくれるでしょう。

仕事を一緒にするのであれば、意見がすれ違ってもどちらかが歩み寄れる。 サポートし合い、平和で穏やかな関係をつくれる2人です。

数秘術2女性 恋愛傾向

運命数「2」の女性は、恋愛に対してとても慎重だし、ゆっくりと時間をかけるタイプなので自分からアピールするタイプではありません。

どちらかといえば相手が出てくるのを待ってる人なので、恋愛が成就すると人の気持ちを察することができるので、相手のことを良く考え相手にも尽くし、サポートし、良い関係を長く築くことができます。

運命数「2」の女性の恋愛は、繊細で優しい男性を愛する傾向があります。心の深い部分で共鳴し合うことができ、自分に弱さをさらけ出してくれる男性です。

「2」の女性は、母性愛に溢れているので、どんな相手にも自然に合わせることができるはずです。

また、人の心に寄り添い、上手くコミュニケーションが取れるので、頼りにされることも多いのが特徴です。相手から愛されて恋愛関係が始まります。

数秘術2女性 運気を上げるポイント

人間関係と協調性を大切にする運命数「2」は、大切な誰かのために努力することを惜しみません。

もともと「2」は、人の気持ちを汲み取る力が飛び抜けているので、相手の考えや望みが分かります。ですから、事前に干渉しすぎるのを防ぐことが出来るのです。

そんな「2」には、バランス感覚を大事にするのが、運気を上げるポイントです。

本来控えめな性格の「2」ですが、相手に合わせすぎないようにし、少しは自分を出してみてもいいでしょう。いつもは聞き上手なあなたが自分の意見をきちんと主張すると、周囲から見直されることがありそうです。

おしまいに

運命数「2」の優しさでもあり弱点は自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先してしまうところです。

自分が嫌だと思った時は、少し意思表示をした方が良い時もあります。自己犠牲が強すぎるのも、溜まりすぎるとストレスの元となります。

運命数「2」の女性は、控えめなタイプであり、恋愛ではかなりモテます。女性的で優しい性格がむしろ武器になっているのです。

「2」の女性は変に着飾ったりしないで、ありのままでいたほうが恋愛では上手くいくとされます。

 

★数秘術の記事一覧へ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました