2022年五黄の寅年!寅の日or巳の日どちらが金運パワーあげる?お財布をいつ買う?使い始めに良いのは?

くらしの知恵の輪

新年が明けてからお財布をもう買いましたか?

今年は「五黄の寅」年。九星気学の「五黄土星」は他の8つ星を支配する強力な星と言われています。

寅は十二支の中でも強い金運力を持つとされる干支なのです。そのふたつが合わさる「五黄の寅」年は、36年に一度訪れる最強金運の年といわれます。

 

お財布の購入や使い始めに良い日といえば「寅の日」や「巳の日」が有名ですが、でも、金運パワーあげるのは「寅の日」それとも「巳の日」どちらでしょうか?

 

2022年お財布の購入や使い始めに良い日について調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

寅の日とはどんな日

「寅の日」の読み方は「とらのひ」と読みます。

一粒万倍日といった吉日と並んで縁起の良い日とされています。

「虎(寅=とら)は千里往って千里還る(虎は一日で千里もの道を往復できる)」という云われがあります。出て行ったものがすぐに戻ってくると言われています。

そのため、「出したお金が戻ってくる」という概念から、「寅の日」は金運招来日とも言われています。
また、虎の黄色い縞模様は金運の象徴であり、吉日の中でも最も金運に縁のある日とされます。
新しい財布の新調や使い始めの日、宝くじの購入といったお金に関することに最適の日と云われています。

巳の日とはどんな日

「巳の日」の読み方は「みのひ」と読みます。

スポンサーリンク

財運や芸術を司る神である弁財天(べんざいてん)に縁のある日です。

弁財天の使いである蛇(巳=へび)に、お金や芸事にまつわるお願い事をすれば、弁財天に届けられると伝えられており、金運・財運にまつわる縁起のよい吉日です。

お財布の購入や使い始め、銀行口座の開設などに最適の日と云われています。

また、60日に1度巡ってくる「己巳の日(つちのとみのひ)」は、巳の日の中でもさらに縁起がよい日とされています。

寅の日と巳の日との違いとは

改めて十二支をご存知でしょうか?

 子(ね)丑(うし)寅(とら)卯(う)辰(たつ)巳(み)午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(い)

この順番で巡ってきますね。

十二支は動物が当てはめられていますが「寅=動物の 虎」「巳=動物の蛇」と考えられます。

十二支は方角や年月日を表すために使われますが、12種類あるので日にちで当てはめると「寅の日」や「巳の日」はそれぞれ12日に一度訪れるわけです。

 

いずれもおサイフや宝くじを購入する日としておすすめの日といわれますが、金運がいいのはどちらなのでしょう。

「巳の日」と「寅の日」を比べたら金運の良さは同じくらいですが、後述していますが、これに「己巳(つちのとみ)の日」が加わると、金運のよさは「己巳(つちのとみ)の日」が最強になります。

 

ちなみに「寅の日」には、金運・商売繁盛にもご利益がある毘沙門天が祀られている寺社へ行くのがおすすめです。一方、「巳の日」には金運や財運に加え、芸術の女神とされる弁財天が祀られている寺社へお参りすると願いが叶うといわれています。

己巳(つちのとみ)の日について

「巳」を「み」と発音するのは「みづち」が由来となっていて、「みづち」は「水の魂」の意味で水の神や精霊を示していると云われます。

古代より蛇は「水の神」そのもの、または「水の神の使い」と考えられていたことから「巳」には蛇が当てはめられたというわけです。

「水の神」というと日本では龍神が有名ですが、蛇は龍の化身とも伝えられています。

農耕民族であった日本では水の恵みを制するものが富を得るといわれるほど水の存在は絶大でした。

そういうことから水に繋がる「巳」は財運をもたらす神の象徴と考えられ「巳の日」は商売繁盛、金運・財運がパワーアップする日と考えられるようになったのです。

繰り返しますが、60日に1度巡ってくる「己巳の日(つちのとみのひ)」は、巳の日の中でもさらに縁起がよい日とされています。

おしまいに

せっかくお財布を新調するのであればより運のいい日に購入したいです。

お財布を買うのに「寅の日」と「巳の日」はどちらを選びますか?

どちらも金運が良くなる日でした。「寅の日」は動物の虎が金運のシンボルなので金運アップする日であり、「巳の日」は弁財天にお願いをするという違いがあります。

どちらかの方が良いか決めるのは、根本的に意味合いが異なるので比べることが難しかったです。

どちらを選んでも良くあなたの考え方次第ということです。

金運・財運がパワーアップする1年でありますように。



★暮らしの 知恵のカレンダーへ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました