木下 レオン氏の占い帝王占術とは?運動をしている人が運がいい人なの?

占い・お守り・おみくじ

木下 レオンの占い帝王占術を学んでみました。

「運」は「体」といっしょなの? ン?

実は「運」も動かさないと運気が落ちて行ってしまうということをご存知でしたか?

適度な運動が大事であるということは良くいわれていますね。体を動かさないと体力が落ちてしまいます。

運も体と同様に運を動かすことが大切であると言われています。

スポンサーリンク

木下 レオン氏曰く運がいい人は運動をしている

昔から「金は天下の回りもの」といいますが、お金を自分のためだけに使うことや、お金を貯めすぎてしまうと運が滞ってしまうのです。

人とのご縁を大切にして、川が上流から下流に流れるように、雨が空から降ってくるように、自然界の摂理に合わせて、自分自身の運やお金を「使い流す」ことを心掛けると良いと言われます。

散財の意味ではないとクギをさされていますが。

巡ってきた運をキチンと掴み流すことが大切なのだそうです。運のいい人は自然と誰かに施しを行っていたり、人のために運を使ったりしているのだと言われます。

逆に運の悪い人は目先の利益に走り、人のために動くことが出来ないと言われます。本当に動かない人はだめということでした。

スポンサーリンク

誰かのために運を動かしましょうと。

初めは小さな川かもしれなくても、川幅は大きくなっていきます。大河のごとく運を流すイメージを描くといいそうですよ。

 

木下 レオン氏の最強の運の掴み方

最強の運をつかみたいと思いますか?

最強の運をつかむのに大切なこと、それは、

「人のために体を動かすこと」

「人のために施すこと」

「素直な気持ち」

であると言われています。

木下 レオン氏曰く、人を動かすことが出来ないと会社は出来ない。個人だと、小さなお金しか動かないけれど、大きな会社の社長さんは、大きな組織を動かして人を動かしています。

そこには、「ついていきたい」と思わせる何かが存在していると。

最強の運をつかむために大事なことは、

「自分を知ること」

「他人を認めること」

にあると言われています。

木下 レオン氏の「帝王占術」は自分を知ること

「帝王占術」は、帝王学から生まれたといわれます。

仏教の原理と帝王学としての学問やさらに統計学を組み合わせて、わかりやすく「自分とは何か」を知ってもらうために生まれた占術であるようです。

自分を知ることで他人も見えてきます。

世の中や相手の気持ちを理解し、いかに良く生きるかを考えましょう。

この世に生まれ何かを残すためにあなたは生まれてきたのです。

木下レオン氏が最も大切にしていることは、

「親孝行」

「先祖供養」

「感謝の気持ち」

といわれます。

自分を知ることで、相手とどうかかわれば幸せでいられるか、自分が何をしている時が幸せかに気づくそうです。

相手と最も良い関係とはどういうことかを理解し、

「自分が幸せでいること」

「人と最も良い距離感をつかむこと」

このことが実は人を呼び、お金を呼んで開運につながるのだと説かれています。

さいごに

自分を知ることで、他人も見えてくるなんて。

これからの人生、お金の処世術など考える時間も大切ですね。

木下レオン氏が「帝王占術」で最強の運をつかむのに大切なこと、それは、

「人のために体を動かすこと」「人のために施すこと」「素直な気持ち」

であると言われています。

占いを信じるのも信じないのもその人次第ですが、参考にして頂けたら幸いです。

占いは良いことは取り入れて悪いことは参考程度にして、良い運勢に導かれるよう

努力したいものです。

>>>   ★占い記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました