神在月に出雲大社の神在祭は稲佐の浜で神迎神事!なぜ出雲に集合?

神社・お寺めぐり

出雲地方は「神無月」ではなく「神在月」が訪れます。

むかしの暦で全国的に10月を「神無月」というのに対して、出雲だけは「神在月」と呼ぶのです。

これは、全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まり、出雲以外の地方では神様がいなくなるので「神無月」と言われます。

島根県出雲市大社町杵築(きづき)北の稲佐の浜で、神々を迎え、出雲大社(いづもおおやしろ)の神迎(かみむかえ)神事が営まれます。

出雲大社では出雲に集まった神様たちが縁結びなどの話し合いをされます。

スポンサーリンク

出雲大社の神在祭 by 稲佐の浜


稲佐の浜は国譲り神話の舞台です。神在祭に先立つ旧暦10月10日の午後7時前、稲佐浜において真っ暗になった浜辺にかがり火が焚かれ、祭場に神職が参進され「神迎神事」の祭典が始まります。

波の音だけがする静寂の中、祝詞があげられ八百万の神々をお迎えします。

龍蛇神が先導して、八百万の神々が出雲にお集まりになるという古い伝説をもとに神迎祭が執り行われます。

全国の神々が、旧暦10月11日から17日までの7日間にわたり大社に集まり、神事(かみごと)といわれる、人には予め知ることができない人生諸般を、神議り(かむはかり)にかけて決めると言い伝えがあります。

男女を初めとする様々な人々の「縁」もこの時に決められると伝えられます。

スポンサーリンク

神議りが行われるのは、大社の西方にある上宮(かみのみや)であり、また、神々が休まれる御社が、大社本殿の東西にある十九社だと言われています。

到着された八百万の神々は二本の神籬(ひもろぎ)に宿られます。神籬とは大きな榊の枝に紙垂(しで)をつけたもので、これに神さまが宿られるとされます。

また、紙垂とは白い半紙を切り折りしたもので、神社で神主様がお祓いされるときによく見かけるものです。


神籬を直接見るのは失礼にあたるということで、絹垣という、白い大きな布で囲われながら龍蛇神の先導により出雲大社に向かわれます。

一般の参列者も神迎御幣を持ちながら、神々のあとに付いてお供して歩きます。

不思議ですが、毎年神在祭の時期は天候が荒れることが多く、雨が降ることもよくあります。

雨の場合は神籬は濡れるのを避けるためバスで移動されるようです。

一般の参列者は神迎えの道を歩いてお参りとなります。かなりの荒天の場合は、危険を防ぐために稲佐の浜での神事が中止になることもあります。

その時は上宮で神職のみでお祭りを行われますので、一般の参列者は神楽殿の前で神々をお待ちする体制になっています。

年々遠方から神在祭に一般の参列者が増えているという話を耳にしていましたが。

コロナ禍で一変してしまいました。

元来この時期は、悪天候で気温も下がることが多いですので、コロナ禍が過ぎ去った年には防寒に留意されお参り頂きたいものです。

関連記事 >>> 出雲大社の砂の効果は?稲佐の浜で頂き素鵞の社に奉納して交換するの?

なぜ出雲に集合するのか?

島根県立古代出雲歴史博物館によりますと、

全国の八百万(やおよろず)の神々が集まったということは、平安時代の終わりの12世紀半ばに書かれた和歌の本に記されているようです。

今から900年も前なので古来より言われていたことが分かります。

”なぜ出雲に集合するのか?”

神社や時代によってさまざまな考え方があるようですが2つの代表的な考えが抜粋されていました。

一つは、出雲大社のご祭神であるオオクニヌシノミコトが自ら治めていた葦原中国(あしはらのなかつくに)の支配をアマテラスオオミカミの孫に譲る国譲りをした際、その代わりにオオクニヌシノミコトが幽事(かくれたること)を治めることになります。

幽事とは目に見えないこと、人間の能力ではわからないこと、神々のことを意味し、全国の神々が出雲に集い、出雲大社で縁結びや来年の収穫などを話し合うと言われます。

もう一つは、日本のすべての神々の母神に当たるイザナミノミコトが10月に出雲で亡くなり、出雲に埋葬されたといわれます。

このため、10月に全国の八百万(やおよろず)の神々が母神を供養するために出雲に集まると考えられています。

母神への孝行、現在的な意味では法事のため集うとみられているようです。

『古事記』には、火の神を生んだ時の火傷が原因で亡くなったイザナミの亡骸は、出雲国と伯伎(伯耆)国の境の比婆の山(島根県安来市伯太町)に葬られた、と記されています。

神在祭が営まれる10 の神社

神在祭が営まれる10 の神社です。

1.出雲大社
2.朝山神社
3.日御碕神社
4.万九千神社
5.佐太神社
6.神魂神社
7.多賀神社
8.売豆紀神社
9.熊野大社
10.神原神社
出雲~松江地域にあります。
出雲全体で神様を迎えてお祭りをしているのです。

出雲大社では、神々を迎える神迎え神事と神迎え祭から、出雲国から出発する神々をお見送りする第二神等去出祭(からさでさい)
までが営まれます。神等去出祭が営まれる出雲市斐川町にある万九千神社の宮司は扉をたたき、神々に出発を知らせる神事を執り行います。

この神社の近くに神立(かんだち)橋という名前の橋があります。神様たちがお立ちになられる地名が残っています。そしてこの橋は斐伊川にかけられており、この川はスサノオノミコトのヤマタノオロチ伝説にもつながっています。

神在祭は別名「お忌みさん」と言われます。
この神在祭の期間中は、神々の会議の邪魔をしないように歌や踊り、音楽をはじめ、建築や土木工事などを遠慮し、静かに暮らす風習があるようです。

昔から不思議と神々がお来しの時と帰られる時に、突然雷がなったり、風雨になったりするなど、天候が荒れます。「お忌みさん荒れ」と地元では呼ばれています。

また、この強い風に乗って神々が動くとされます。風により南の海から出雲の海岸にセグロウミヘビ「龍蛇さん」が漂着します。神々の先導役を務め、龍宮からの使いされ、神在祭が行われる神社に奉納されます。

神在祭はその年の収穫を感謝し、来年の収穫を願う風物詩でもあるようです。この神在祭が終わると出雲に冬が訪れます。

おしまいに

神様の物語の不思議はたくさんあり、地方により諸説あります。

出雲だけの特別な「神在月」という響きが好きです。

夕日のうつくしい稲佐の浜の偉大さ、出雲大社で西を向いて祀られているオオクニヌシの神は稲佐の浜の方を向いて全国の八百万の神様たちをお迎えしておられる説にも頷きます。

 

>>> >>> ★神社・仏閣めぐり 一覧へ

タイトルとURLをコピーしました