島根の観光でバス利用! 移動時間は長過ぎ!?でも縁結びの神降臨!

お出かけ情報
スポンサーリンク




出雲大社に遠方から訪れ美保神社にもご参拝という両参りを達成され、みごとゴールインされた女性のお話を今回はご紹介します。出雲大社は大国主命である大黒様が祭ってあることは有名です。美保神社のご祭神はえびす様です。美保神社は島根県松江市美保の関町にあり西の端に位置しており行くのにも遠いです。バス利用で両参りを達成されたこの女性のお話を聞いて感動したのでぜひお伝えしたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

島根の観光でバスを利用し出雲大社へ

公共交通機関のバスを利用し、出雲大社の入り口まで行きました。
御本殿での参拝では、『良いご縁』がありますように、と『415円』のお賽銭を用意し伺ったほどです。出雲大社にはたくさんのお社がありますので、参拝するのにとても時間がかかりますが、広いせいか混雑して困ることは一度もありませんでした。

しかし、そんな中で一番困ったのがお守りを買うのに、本当に混雑していて驚きでした。こんなに時間がかかるものなのか…と思ったほどです。30分くらい待ったでしょうか。
参拝に伺った当時の私は良縁に繋がるように、と御朱印をいただいていました。

色んな神社でいただいていましたが、出雲大社の御朱印は派手さはありませんが、とてもシンプルでありがたい感じです。一緒に御朱印帳も購入し、そちらにも御朱印を書いていただきました。

まだ全て埋まっていませんが、出雲大社さんへ参拝にうかがった一週間後にお見合いした方となんと結婚することができ、現在子育て中ですので、落ち着いたらいつかお礼参りに伺いたいです。

島根の観光でバスを利用し日御碕神社へ


出雲大社の鳥居を抜けた通りを右に曲がって歩いていくと、バス停があります。手前にもありますが、そこでバスに乗ると『日御碕神社』へは行けませんので、気をつけてください。色んな路線バスが存在するのか、難しいのでその都度で確認された方がいいかと思います。

私は出雲大社の近くにたまたま観光案内所を見つけ、そこの人に行き方を教えていただきました。こういった質問が多いのか、地図をいただけたので利用するのがおすすめです。

日御碕神社まではバスで20分くらいかかったように思います。海沿いを走り、山の中の景色も見たような気がします。日御碕神社は出雲大社に比べたら小さな敷地かもしれませんが、神社から見える景色は本当にきれいで感動でした。

次のバスまで結構時間が空いたので、近くを散策しましたが、海が近いので海風がとても強く、気持ちが良かったです。また近くに無人島らしきものが見え、その山肌には無数の白いものが見えました。「

何だろう…?」とじっと注意してみていると動くもので、たぶんあれは『かもめ』なんじゃないかな、と思います。島1つを覆いつくすほどの鳥と、厳かに立っている鳥居。その島には入ることはできないのですが、なんだか神様の存在を肌で感じたような気がしました。
整備されていないことに、とても美しさを感じることができて、「島根県って神様がいるよね」と感じました。

スポンサーリンク

島根の観光でバスを利用し八重垣神社へ

出雲駅からバスで向かったところ、駅からアクセスがいいこともあって、バスの中から結構混み合っていました。バスの乗客者のほとんどが八重垣神社で降車されたように思います。

こちらも参拝客が多い分、御朱印をいただきたい方も多く、結構な待ち時間があったように思います。縁結びのパワースポットとして人気のようで年齢層は若い女性が多いようにみえました。

鏡の池

本殿に参拝後、隣の森の中に入ると、「鏡の池」という池があり、池に占いの紙を浮かべその上に硬貨(金額は自分の好きなものを)を乗せ、その紙が底へ沈む時間で、良縁が自分に訪れるのが早いのか、遅いのかを占うことができます。

ちなみに私は100円玉を乗せ(きっと重いので早く沈むだろうと思い)、1分もしないうちに沈みました。そのおかげか、約半年後に結婚してしまいました!ありがとうございます!

島根の観光でバスを利用し美保神社へ 移動時間は長過ぎ!?

参拝時間ギリギリに伺った、ということもありましたが、境内には3組ほどの女性グループがおられました。

公共交通機関で美保神社まで行ったので、乗り継ぎが悪く、夕方という時間帯もあったせいか、片道に4時間ほどかかってしまいました。出雲大社と美保神社の『両参り』がご利益がより良くいただける、ということもあって、バスを乗り継ぎ伺いましたが、あいにくの雨の中の参拝でした。

しかし、とても歴史の重みを肌で感じることのできる神社で、苦労して参拝したかいがありました。出雲大社からはとても遠い場所にありますが、お礼参りをする際にはぜひ晴れた日に訪れたい神社です。

関連記事 >>> 東京から足立美術館へアクセスはサンライズ出雲を利用した島根観光体験談!

おわりに

『両参り』のご利益はすばらしいですね。交通の便が悪く、せつなくなるほど時間をかけてお参りを達成され、その後ゴールインされたお話を聞いて私もうれしくなりました。

公共交通機関を利用して出雲大社や松江に訪れる方も多いと思います。バスの本数が少ないですし観光ルートの順も大事です。出雲市駅や出雲大社バスターミナルからは、目的地が違う行き先のバスもそれなりに出ているので迷います。乗る前に案内所で尋ねてから乗ると安心です。

以前私はこの松江市美保の関町の五本松公園につつじの花を見に伺ったことがあります。小高い丘につつじの花が沢山植えてあり、それを見ながら軽い山登りでした。
眺めはとても美しくて行って良かった印象が残っています。

そのあと、公園から徒歩でも近い美保神社に夕方に訪れた時すぐに休憩すれば良かったのですが、まず美保神社にお参りをしました。すると5時になるとお土産のお店や休憩しようと思っていたお店が片づけが始まってしまい、ゆっくり休憩はできずに帰路へと向かうはめになりました。

ですので、美保神社には遅くとも3時くらいには到着しておいた方が無難です。都会地の感覚でいると田舎の店じまいは早いのでさみしくなります。
両参りをお考えの方は頭の隅にいれておいてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました