ステイホームでお家をパワースポットに!江原氏の言葉から学ぶ大切なもの

くらしの知恵の輪

スピリチュアリスト・江原啓之さんが「2020年は破綻と崩壊の年」と予言しておられたことをご存知でしたか?

そして「新型コロナウイルスの感染拡大の影響で先の見えない外出自粛の今は我慢の時。必ず終焉を迎えますので頑張りましょう!」と呼びかけておられます。

スポンサーリンク

ステイホームでお家をパワースポットに

お出掛けシーズンなのに、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で先の見えない外出自粛生活に突入しましたね。

私自身このゴールデンウイークは我が家で掃除片付け・障子の張りかえなどに没頭しておりました。

外出自粛の日々を有意義に過ごしたかったのです。

ステイホーム。ならばお家をピカピカにしようと!

家に「おるでんウイーク」とも呼ばれた今年の大型連休は海外旅行はもちろん、国内旅行も帰省もスポーツ大会もダメ。

やることなくてストレスを募らせている人も多いでしょうね。

江原氏の「2020年は破綻と崩壊の年」という言葉もスゴイ予言と思ったけれど

私がゴールデンウイークに障子の張り替えから始まり、家をせっせとクリーンにしている姿に娘は「スゴイ!」と言ったのでした。

スポンサーリンク

娘から「江原さんの言葉そのままだね」と言われて、そういわれると江原さんの言葉が気になり「何がスゴイのか」と思える江原さんのメッセージを知りたくて調べてみました。

江原さんの言葉「大切なことに気づいて欲しいという自然界からのメッセージ」

江原さん曰く「予言が当たったなどというのはどうでもいいこと。

けれど私がここ何年か、こういう状況になることを踏まえて本を作ってきたのは事実。

『あなたは物質主義的価値観にまみれていませんか?』

と読者の皆さんに問いかけて、『一人ひとりが真の豊かさに目覚め、丁寧に生きようと改心しなければ、取り返しのつかない事態を招くことになりかねません』と、幾度も繰り返し警告を促しておられます。

とはいえ「コロナに端を発する私達の試練は、罰が当たったというのではなくて、すべては学び。

大切なことに気づいて欲しいという自然界からのメッセージに気づき、耳を傾け、自分のできることから始めましょう。」と。

「今さえ良ければいい、自分さえ良ければいいという発想を捨て去り、誰かのために生きようと決めるなど、今こそ考えるべきことがたくさんあるはずなのです」と。

江原さんから学ぶ大掃除の意義

外出自粛の毎日をダラダラと過ごさず、自分と向き合い、さまざまなことについてじっくりと考える人生の作戦タイムにするべきだと提案されました。

「誰にとっても精神的に、そして経済的にも大変に厳しい現状ではありますが、冷静さを取り戻すことが先決。

第一、嘆くばかりでは免疫が落ちてしまいます。

コロナウイルスに打ち勝つために、家族の命を守るためにも、目には見えない負のエナジーを一掃し、『大丈夫!』と信じる強い気持ちを備えることが大切なのです」と。

そのために有効なのが大掃除だと言われます。人任せにせず、自分で掃除機をかけ、床を拭き、窓を磨くこと。

江原さんの著書『自分の家をパワースポットに変える 最強のルール46』によりますと「大掃除こそが最強の浄化法」なのです。

「ウイルスを跳ね除ける!」「ネガティブな気配を寄せつけない!」と念を込めながら行うことで、掃除をしながら不安や苛立ちを手放し、ひいてはリラックスして過ごすことのできる家づくりができるのだと説かれていました。

 

巣ごもり中もメンタルを健康的に保つ大切な3つのRとは?

外出自粛の状況で人に会わず、自宅に巣ごもりな状態で、心穏やかに過ごす方法があるのかを探ってみました。

色々なことを自粛しなければならない状況で、健康的なメンタルを保つにはどう向き合えばよいのでしょうか?

そのようなときには、三つの『R』が大切という言葉を地元新聞で目にしました。
簡潔にレポートします。

3つの「R」って何?

1つ目の「R」は、休息や休養、睡眠を意味する『レスト(Rest)』

家で過ごす時間が長くなると、いつも以上にスマホいじりやゲームをする人はきっと多いですよね。

視力を始め神経の緊張状態が続くことになります。

そうなると、睡眠が不規則になって脳が休まらない状態が続き、倦怠感の原因になるようです。

現代人は『休む』ことがヘタですから、今意識的に『休む術』をアップしましょうということです。

巣ごもり中、情報収集を始めゲームやコミュニケーションができるスマホは非常に便利グッズですね。

でもあえて使用しない時間を設定するべきだとか。

2つ目の「R」は、趣味、娯楽という意の『レクリエーション(Recreation)』

趣味を持っていますか?

日頃から『時間がない』、『余裕がない』が口癖になり、趣味を持つことを忘れていませんか?

外出自粛の状況を逆手に、少しでも『没頭』をしたり、『無心』になれば、気分転換になるという利点があるようです。

3つ目の「R」は、こういう非常時だからこそ最も心がけたい「リラックス(Relax)」

『刺激』ではなく『静』の状態を楽しめるものであることが望ましいようです。

たとえば、ヒーリング音楽やアロマ、ヨガ、ストレッチなど、神経の興奮が抑えられるようなものを取り入れると、心身ともにくつろげます。

先述のレクリエーションなどと合わせて、『リラックス(Relax)』できればなおよいとされます。

現代人が、3つの「R」を日々実行することは、なかなか難しいのですが、だからこそ今やるのです。

外出自粛の今こそやっておきたいこととは?

人間の自我の確立には、自分onlyではなく他者が必要であると言われています。

人間は『孤独』だと慢性的な無気力や倦怠感、鬱、絶望、理由なき怒りといった症状が多くみられたそうです。

人と接する機会を絶たれることはストレスになりますので、文字のやり取りだけでなく、
オンラインなどを利用して対面の対話ができるとよいですね

忙しい現代人は、心ここにあらずの状態である「マインドレス」が当たり前になっているのだそうです。今だからこそ、その「マインド」に意識を傾けましょうと説かれていました。

「私たちは文明の『便利さ』の恩恵により、『急ぐこと』や『忙しいこと』、『~しながら~すること』といった、マインドレスな日々を過ごすことに慣れてしまっています。

こんなときだからこそ、『ゆっくり呼吸する』、『ゆっくりご飯を食べる』といった「今」に注意を向け、今を味わうといった『マインドフル』な過ごし方を勧められています。

今のような非常時は特に、3つの「R」を取り入れながら、マインドフルな日々を過ごすことが、健康的なメンタルを保つポイントと。

そのような努力や心がけは、新型コロナウィルス終息後の人生をも豊かにすることにつながっていくようです。

「家での過ごし方に関する調査」を、関東圏域に在住する20~70歳未満の男女1000人を対象にクロス・マーケティングが実施された興味深いデータです。

趣味や好きなことのうち、直近1カ月で強制的に制限されたものは?
1位「旅行」が30.2%
2位「ショッピング」(29.7%)
3位「ひとり・少人数での外食」(27.6%)
4位 「映画鑑賞」(23.6%)
5位「大人数での外食」(22.6%)

外出が制限されたことでのマイナス面は?
1位「運動不足になった」(49.8%)
2位「ストレスが溜まった」(46.2%)
3位「将来的な不安が生まれた・大きくなった」29.5%

新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛が続き、おうち時間が増えた方が多いと思われます。

行動が制限されると何かとうつうつとした気分になりがちですけれど、マイナスばかりでなく、プラスになったことにも目を向けることが大切なようです。

それでもメンタルが心配ならこんなページも検索してみては?
厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/

こころの病気を知るコーナーが用意されています。
このコーナーでは、「病名から知る」と「症状から知る」の両面から、こころの病気についてご紹介されているのです。

こころの病気には様々な種類があり、治療法もそれぞれ異なることまた、同じ病名でも人によって異なる症状が現れたり、こころだけでなく、体の症状が現れることがあると記されています。

おすすめ記事 >>> 不動明王のお守りの効果は?島根県出雲市にある馬木不動尊に守られて

 

作務衣を購入した口コミ!肌触りは?着心地は?寸法はどう?

今おうちで過ごす時間が長くなった人におすすめなのが作務衣。

ご住職が着ておられるイメージが強かった作務衣ですが。

最近はお食事処などでも店員さんが前掛けも一緒につけて

お仕事をしておられる姿も見かけたりします。

動きやすそうだし、部屋着にも近くにお出掛けにも良さそう。

誕生日に一着買ってみようかと!?

今ショッピングに出かけるより通販。


作務衣を購入した口コミ

結果から言うと、作務衣を購入して正解でした!

目移りするほど色々な作務衣の数々に迷いました。

種類やカラーも豊富です。

暖色系のやさしい色合いの作務衣を着こなしているモデルの女性が

かわいらしいです。

モデルになっている方の身長は165センチでLサイズを「ちょっと丈が短めかな?」

とひとことメッセージつきでした。

さすがモデルさんですね。スラーっと背が高い!

寸法は身長152センチだけど・・・Mサイズどうかな?

で、うちの場合身長が152センチ と、ちょっと小柄。

サイズ表をにらめっこ。

気に入った作務衣のサイズ表にはM とL のみしか書いてありません。

こんな表でした。

紺色の落ち着いた雰囲気が家にいても少し気持ちがシャンとするイメージ。

色は大事ですね。

他のメーカーで女性らしいエンジ色やカラシ色もあったけれど、

ずーっと長く着ようと思うと、自分の中で色はネイビー色にしました。

作務衣の肌触りは?着心地は?寸法はどう?

さっそく届いた箱から取り出して着てみることに。

肌触りは綿100%でサラリとした感じ。ゴワゴワしていません。

動きやすくて、ズボンの裾も絞ってあるので、

裾が上がったりせず保温の点からも良いです。

上着は胸元がダボっとせず、小柄な人にも着こなしオーケーでした。

袖丈もちょうど良い感じ。

身長が152センチでMサイズの作務衣の寸法がどうだったかといいますと

ズボンの丈が足のくるぶしあたりまであり

ちょうど良いのです。

思ったほどズボンの丈が長くないと思います。

袖も裾もウエストもゴムでらくちんです。

Lサイズを着るほどでない158センチくらいの背丈の人には

Mサイズのズボンが七分丈の長さになるでしょうね。

ズボンの丈がくるぶしまでしっかりある長さがいいなと思われる方なら

Lサイズが良いかもしれません。

身長165センチのモデルさんがLサイズでズボンの丈がもう少し

長い方がいいとコメントがありましたので。


おしまいに

この作務衣は誰かに見てもらいたい心境。

誰かにおしゃれだねと言われたらうれしい。

どこでみつけたの?と聞かれたい。

着心地が良くて、パジャマ代わりに部屋着だけの使い方ではもったいない気がします。

これならご近所に出歩いても行けそうですよ。

今回おうちで仕事着も兼ねてしかもリラックスもできる作務衣はおすすめです。

やはり家の掃除をするのは気分転換になり、こころがポジティブになってきます。

おうちカフェも楽しみましょう。

江原さんの言葉は大切なメッセージでした。

つらい時期ですが、少しでも前向きに生きて行けるように頑張りたいものです。

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました