由志園の売店のお土産品は絶賛!日本庭園のイルミネーションは幻想的!

お出かけ情報
スポンサーリンク




島根県松江市にある日本庭園「由志園」をご存知ですか?島根県と鳥取県の県境にある湖「中海」に浮かぶ大根島がありますが、「由志園」はこの大根島の真ん中にあります。山陰地方最大級のイルミネーション「黄金の島ジパング」も開催されます。

今「由志園」は東京から出雲大社にお参りに来た時、スケジュールを組んでわざわざ足を運んで訪れる女性もいるほど人気のあるスポットです。レンタカーできた場合、無料駐車場が完備されており大型バス50台、自家用車300台置くスペースがありました。

中四国最大級の水中イルミネーションが初登場!!山陰最大級の紅葉ライトアップに加え、県内最大となる130万球ものジュエルイルミネーションも必見です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020.8.1恒例のサマーイルミネーション開催

由志園では2020年8月1日から恒例のサマーイルミネーションが始まり9月27日まで開催されます。

約20万個のLED(発光ダイオード)電球の幻想的な光が由志園内を照らしています。

由志園の入り口には、般若心経の読経に合わせて光の演出が変わる仕掛けが用意されていました。

また高さ10メートルの大木の形をした飾りを置いた「鎮守の森」や花札48枚の絵柄を赤やピンクそして青色の電球で表現した遊び心あふれる電飾もあります。



幻想的な光で来園者を魅了しています。

点灯は8/1から9/27までの期間中、金・土・日・祝日の午後7時から午後9時までです。
また、8/7から8/16のお盆期間中は毎日、午後7時から午後9時まで点灯されます。

新型コロナウイルスの影響で、一時的に施設の営業日や営業時間が変更になっている場合があるようです。お出かけ前には必ず最新の公式情報を確認してくださいね。

人気記事 >>> クリスマスプレゼントをサンタはいつ置く?リサーチ&隠し場所は?

スポンサーリンク

日本庭園由志園のイルミネーションと紅葉

由志園では、10月下旬から紅葉を見ることができます。平地にある日本庭園ですので、山の紅葉より少し遅れて紅葉が始まります。11月中旬頃がとてもきれいでした。この庭園ならではの楽しみ方は、一枚一枚、葉の色の違いや木々の違いを味わうことができ池の周りや高低差のある庭園の散策路を鑑賞しながら歩けることです。

由志園の紅葉は、昼間の紅葉と夜間のライトアップの紅葉では、全く違う景色が楽しめます。

関連記事 >>> 東京から足立美術館へアクセスはサンライズ出雲を利用した島根観光体験談!

日本庭園由志園のイルミネーションは和の演出が豪華

池に映る紅葉ライトアップは、まさに池に紅葉が映し出されていて、色が紫、赤、黄、白など変化していくので目に煌びやかさが焼き付きます。輝く紅葉が池に映し出され、辺り一面が紅く染まる風景は圧巻です。

ぜひ見て頂きたいのが、富士山をモチーフにしたイルミネーションや、池に映っている紅葉のライトアップです。富士山をモチーフにしたイルミネーションは、園内の高い場所から見れるところもありとても美しいです。

また月と鳥居のイルミネーションがあります。ここで一緒に写真を撮るのがおすすめです。イルミネーションの色が音楽に合わせて変わるので違った景色が見れます。本格的なカメラで写真を撮りたいと思うほど素敵でとても幻想的な世界でした。

牡丹の花が有名な日本庭園「由志園」で開催中の和のイルミネーション「黄金の島ジパング」。
2018年は、最新のテクノロジーによる「七色に光り輝く庭園-カラフルGARDEN-」をテーマに総計120万球のイルミネーションが園内を彩り、カラフルで美しい日本庭園を展開していました。

2018年12月3日までは紅葉のライトアップ、12月6日からクリスマスバージョンのイルミネーション、そして新年の2019年1月2日からはニューイヤーイルミネーションが開催され、時期に合わせた演出が施されます。去年の開催時を参考にお出掛けの計画を立ててくださいね。

2018年は新作イルミネーションも多数登場し、さらなる感動が広がりました。「出雲富士ダイヤイルミネーション」は1670万色に光り輝き、光ファイバーの牡丹の花が咲く「水中イルミネーション」は人気となりました。


さらに、日本庭園らしい和の演出が人気を呼び、「白糸の滝」や、浮世絵とイルミネーションの組み合わせが新しい「浮世絵マッピング」が素晴らしいです。扇子や朱色の門、和傘などをイメージしたイルミネーションなど様々な趣きで楽しませてくれます。

また、紅葉シーズンのあとには可愛らしい牡丹が灯る「冬咲きの牡丹の灯」が始まります。牡丹の生産量日本一の大根島ならではの「ほのぼのとした世界」が楽しめます。

そして紅葉のライトアップ後は、クリスマスバージョンのイルミネーションや新年を祝うニューイヤーイルミネーションなど、シーズンに合わせた華やかなイルミネーションが続きます。

こちらの記事も人気です  >>> 出雲の紅葉にお出掛けは?鰐淵寺から斐川の草菴でランチあと美人の湯へ

由志園の売店はお土産品絶賛!


由志園の売店では、特に女性に嬉しい、ここでしか買うことができないオリジナルのお土産も販売されています。牡丹を使った「ぼたんせんべい」や「ぼたんまんじゅう」などがあります。大根島は昔から高麗人参の栽培が盛んですので、高麗人参や高麗人参を使ったドリンクなども少し値段が高めですがお土産で販売されています。

公式サイト由志園
電話番号 0852-76-2255
住所 〒690-1492 島根県松江市八束町波入1260-2
定休日 年中無休
開園時間 9:00 – 17:00
イルミネーションライトアップ期間は21:00まで
ライトアップ時間は19:00-21:00
※最終入園は閉園時間の30分前まで

ライトアップの期間は21時まで開園しています。

入園料金ですが
レギュラーシーズン800円
ベストシーズン 1000円
夜間特別ライトアップ期間 900円

※ベストシーズン:三万輪の池泉牡丹開催時(4月下旬~5月上旬)、
秋の紅葉時およびイベント開催時などに適用。

車であれば、松江から約25分程度、
境港から約15分程度です。
期間中、日にち限定でJR松江駅とJR境港駅発着の
シャトルバスが運行されます。

人気記事 >>> 出雲グランカフェFで極ふわパンケーキを食べた美味しい口コミ情報!

おわりに

由志園は同じ庭園でも演出がすばらしいです。ライトアップされると幻想的な世界へ誘ってくれます。様々なカラーバリエーションと趣向で楽しめます。由志園は年間パスポートが1200円からあります。これを使って何度も訪れたらお得ですね。

年々由志園に訪れる観光客も増加の一途をたどっています。以前大根島で車の渋滞といえばボタンの花が咲くゴールデンウイークの頃がお決まりでした。現在は四季折々に由志園で楽しめるように工夫が施されたので、遠方から老若男女が常にカメラを携えてインスタ映えスポットとして訪れています。

大根島は島根県松江市の中海に浮かぶ花の島であり、「由志園」があることで知名度が上がってきました。

「由志園」は山陰一の回遊式日本庭園をもつ日本庭園です。春の牡丹・夏の菖蒲・秋の紅葉・冬の寒牡丹。四季折々、花や木々の美しさを楽しむことができるのです。

1万坪の日本庭園を散策した後は、園内に点在するお食事処や茶房・喫茶で庭を眺めながら休憩はいかがですか。

来客が少ない時でしたら、心が落ち着く静かな時間を過ごせます。
牡丹や高麗人参を使用したお土産が人気です。

紅葉だけでなく、近年は庭園内には灯篭灯り(とうろうあかり)やプロジェクションマッピングなど、年を重ねるごとにバージョンアップされており来園者を楽しませてくれます。

特に、新型コロナウイルスの影響で、一時的に施設の営業日や営業時間が変更になっている場合があるようです。お出かけ前には最新の公式情報を、必ず確認しましょうね。

ご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました