数秘術11の雰囲気は?5との違いは?性格あるある?このタイプの相性はどう?

占い

直観とひらめきの持ち主と言われる数秘術「11」と「5」のタイプ。

この2人が一緒にいると、テンションが高めになって、お互いに楽しくハッピーな会話の虜になるようです。

数秘術の運命数「11」と「5」について、雰囲気や性格の違いを探ってみました。

スポンサーリンク

数秘術の運命数 計算の仕方

例:平成2年10月21日 生まれの場合

①生年月日を西暦に直します。

1990.10.21

②生まれた西暦、月、日の数字を1桁になるまで1つずつ足します。

1+9+9+0+1+0+2+1=23=2+3=5

運命数は「5」となります。

③二桁になった時、ゾロ目の11,22,33が出た場合は
それを採用します。

スポンサーリンク

運命数は別名で(ソウルナンバーor 誕生数)とも呼ばれます。

数秘術11の雰囲気

数秘術で運命数「11」の人の雰囲気は、研ぎ澄まされた感性の持ち主だと言えます。

直観力が優れているので、思いついたことをそのまま言葉にしたりして周囲を驚かせたりするかもしれません。

高感度のアンテナで周囲の人が気づかないことも逃さず、先見の明もあるので素直な言動が目立ちやすいのです。面倒見が良くて頼られることもしばしばあります。

人の感情には敏感ですが、自分の事は今一つ分かっていないことも特徴にあげれます。人や物への好き嫌いがハッキリしてはいます。でも、その反面寂しがり屋さんでもあります。

数秘術11性格あるある

数秘術で運命数「11」の人は男女とも、生まれながらに気品があり貴族のような雰囲気があります。

理屈ではなく、直感に従って行動します。動機が「なんとなく」であることが多いのが特徴と言われています。

人との距離を上手く保てないので、敏感で繊細なタイプですから不満や怒りを人知れず蓄積しているのです。あるとき、仲の良かった人と突然縁を切ってしまうことも見られます。

数秘術11天然

数秘術で運命数「11」の人は、イメージが先行してしまうので今感じていることを言葉で上手く人と共有しにくいため、他人に伝わらないのです。

 

「11」は「1」と同様に始まりの数字なのですが、始まり方がより直感的になります。「1」が「思いつき」なのに対して「11」は「閃き」です。

表向きには特殊な才能に見えて羨ましがられますが、その裏で本人はストレスを溜め込んでいます。

ただ、本人にも扱いにくい能力ですので、一桁の「2」として控えめに生きている人もいます。

数秘術5の雰囲気

万物は5つの元素から成り立つという考え方があります。

転じて万物を表す「5」は全体性と関わります。そして、私たちの感覚には五感があるように、5つの感覚を持ちます。

この地球で人間として生まれてきて、肉体から外の世界とのつながりを感じるために五感が存在します。「5」はそういった世界全体と繋がり、冷静に分析・把握して判断ができます。

「5」を持つ人は、頭が良く、論理的な思考が得意で、好奇心旺盛であり、学ぶことが好きで常に沢山のアイディアを持っています。自由に縛られないで生活することを好みます。何か一つのことを続けるより、次から次へと新しいことをやるタイプです。

数秘術5性格あるある

運命数「5」は、多種多様な経験を求めます。好奇心を満たすために、自由の翼を大きく羽ばたかせようと、ありきたりの人生では物足りないのです。

リスクを犯してでも、刺激的な人生を歩んでみたいと変化を強く望みます。

後先考えずに行動してしまうクセがありますので一緒にいる人は混乱してついて行けません。一旦動き始めると周囲が見えなくなります。

なので、失敗に気づかず人に尻拭いさせてしまうこともあるのです。

数秘術5強い

アクティブを表す数字です。思い立ったら即行動して、考える前に体が動いています。情報収集が好きで、これが行動のきっかけになります。

興味のあるものを見つけては自分の目で確かめて体験しに行きます。まさにじっとしている暇がありません。

専門家の話・ウンチクを聞きたがりますが、たくさんの分野を知りたいため深入りはしません。

その行動の早さから周囲を振り回し、フォローもなく迷惑かけっぱなしのように見えますが、自他ともに認める強運の持ち主です。

「5」の人と一緒にいるとラッキーなことがしばしば起こります。運命を自ら開いていく強さもあります。突破口となる隊長的な立ち位置になることもよくあります。

数秘術11と5の相性は?

運命数「11」と「5」の相性はかなり良いです。お互いに頭の回転が早いので直観とひらめきを頼りにするので、フィーリングが合います。2人が一緒にいると、テンション高めで、とても馴染みがよく、惹かれ合うでしょう。

また、個性的で刺激と流行を好む姿も一緒なので、お互いに心地良い関係が築けます。

「5」の自由と変化を最優先させることを「11」が理解してあげて、「11」が自由と変化よりも、完璧な理想のもとに動くことを「5」が理解できれば関係がより良い傾向となります。

おしまいに

運命数「11」の人は、独特の個性があり、周囲への影響力が大きく、人の心を強く掴むことに長けています。精神的なリーダーとして周囲の人を導くことが得意とされます。

対して運命数「5」の人は、いわゆる仕事ができる人です。頭の回転が速く、やるべきことをどんどん行動を起こしてこなしていきます。知識が豊富で話術に長けているので交渉も得意です。まわりの意見を聞くフリはしても最終的には自分の思ったとおりに行動するタイプです。

★数秘術の記事一覧へ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました