数秘術33と6の意味や特徴は?33は理解されない?生きづらい?性質にあるあるとは?

占い

数秘術において「33」は、3+3=6なので、「33」で生きる準備が出来ていない場合は、「6」の影響も受けることになると言われています。

運命数「6」を持つ人の使命は「幸せに生きること」です。自分がハッピーになることで、幸せオーラを出し、周りのみんなも明るくなっていく好循環を生める存在です。

 

運命数「33」の愛情は人類だけにとどまらず生き物全体、地球全体に向けられています。そのため、自分以外の何かに尽くしたいという気持ちが強いです。

 

今回は数秘術33と6の違いを探ってみようと思います。

スポンサーリンク

数秘術の運命数 計算の仕方

例:平成2年10月21日 生まれの場合

①生年月日を西暦に直します。

1990.10.21

②生まれた西暦、月、日の数字を1桁になるまで1つずつ足します。

1+9+9+0+1+0+2+1=23=2+3=5

運命数は「5」となります。

スポンサーリンク

③二桁になった時、ゾロ目の11,22,33が出た場合は
それを採用します。

運命数は別名で(ソウルナンバーor 誕生数)とも呼ばれます。

数秘術6の意味

数秘術で「6」は調和とバランスを表す数字です。

男と女、物質と心、精神と肉体といった相反するエネルギーを調和し統合するパワーをもった数字とされます。バランスの整った美と創造を表す数字でもあります。

 

「6」は占星術では美を表す「金星」を、タロットカードでは愛情や結合を表す「恋人」を意味する数字と言われています。

 

「6」という数字が自分や人生に与える影響が大きい人ほど、親子・夫婦など「家族」にかかわる事がその人の生涯を通じて大きなテーマになりやすいようです。

 

数秘術6の人は母親タイプ?特徴は?

数秘術で「6」の持ち主は、安心できる居場所をくれる人であり、孤独な人を包み込んでくれる人であり、不安や寂しさを癒してくれる愛にあふれた人でもあります。

 

心地よい気持ちを提供してくれる人へとつながっていくのですね。誰かの事を真摯に思いやりケアしてあげようとする「奉仕」の精神の持ち主でもあります。

 

「6」の人は、平和を愛する博愛主義者タイプであり、すべての人にやさしく献身的で、穏やかな性格といえます。

数秘術33の中にいる6と3の性質は?

数秘術において「33」は、子どもっぽい運命数「3」と世話好きなお母さんの運命数「6」という二つの数字の性質を持っているため、いつも頭の中が対立しています。

数秘術で「33」の性質では生きづらいので「3」や「6」のフリをして生きている人もいます。なんとなく世間一般には理解されないような人生を送る人もいます。もしかしたら孤独だと感じるようになるかもしれないです。

「自由にやりたい」という欲求を抑えすぎると不満だらけになります。 「3」を封印して「6」になろうとしたり、ずっと「3」でいようとする必要はありません。

 

また「33」は独り言が多いクセがあります。 「6」の性質の時には常識人ですが、ふとした時に「3」の部分が顔を出し、ズレた言動で周囲を驚かせます。良い意味で個性的で目立つ存在ですが「33」本人も自分のギャップをコントロールできていません。

数秘術33 理解されない?生きづらい?

数秘術において「33」は、内面がややこしいので、その変化は外見にも現れて顔や性格がコロコロ変わります。

自分でも自分のことが把握できず、頭と行動がチグハグだったりします。そのためサイコパスと勘違いされることがあります。

普通という言葉に流されず、場の空気を読み過ぎることなく、「33」のあなたらしい愛情の形を表現していくと良いとされます。

しっかりした子供と子供っぽい大人。両面兼ね備えているのがあなたの個性です。 人に理解されなくても大丈夫です。あなたが伸び伸びと過ごすことが大切なのです。

数秘33 あるある特徴は?

数秘術「33」の人の特徴「あるある」は?

1⃣ 変わってる自覚はない
2⃣ 誰かと買い物に出かけても自分一人でどこかにフラフラ行ってしまう
その時自分がしたいことや楽しいことや、気になることが最優先になってしまうこともある

3⃣ 独自の感覚とセンスの持ち主で、地球の感覚ではない

「33」の数字の持ち主は、ひとことで言えば「規格外」の存在です。「33」はスピリチュアルな感性の持ち主でもあり、物質的な成功よりも精神的な充実や成果を重視しています。

そのため、なかなか周囲の人の理解を得られず、より一層周囲から「変わっている」と思われてしまうのです。

おしまいに 33と6の違い

数秘術で「33」の人は「6」の性質である調和を取ったり、気配りをしたり、といった部分が強くなると、自分をおろそかにして家族や仕事のためにエネルギーを使ってしまいます。

 

「33」のキーワードは『愛・喜び・自由』です。 すごく簡単に言うと「6」の性質の時には常識人。 「33」の性質の時には愛嬌のある変な人。

 

優しい「33」はつい周りのことを気にしてしまうのですが、まずは自分自身が調和のとれた状態でいることが最優先にするべきです。自分を犠牲にしなくても人に理解されなくても大丈夫です。

周りの人に合わせて苦労をしなくても、これからの時代はどんどん多様性が広がっていきます。

「33」・「6」とも、それぞれの自分の個性を生かして、あなたが伸び伸びと過ごすことが大切です。

数秘術は必ず当たる占いとも言えず、統計学的な特徴の傾向を示すものです。あまり当てはまっていないのでは?と思う人は、前後する番号とミックスされた特徴を持っている場合もあるかもしれません。

★数秘術の記事一覧へ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました