数秘術で0を持つ人とは?計算の過程が大事⁉運命数0の意味はスピリチュアル?0への成り立ちが影響?

占い

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い運命数を計算し導き出します。その数字でその人の運命を読み取る占術です。

(例)2001年5月11日 → 生まれ年 2+0+0+1=3、生まれ月の5はそのまま、生まれ日1+1=2、全部合わせて3+5+2=10、1+0=1。よって、2001年5月11日生まれの人の運命数は「1」です。

運命数はゼロになることはありません。

そのため、数秘術では「0」という数字は基本的には存在しないのです。ただ、計算の過程では「上記のように「0」が登場することもあります。

実はこの計算の過程で出てくる「0」こそ、人の運命や性格を知るとき、重要な意味を持つこともあるのです。

スポンサーリンク

数秘術で0を持つ人とは?

数秘術では計算の結果で、数字が二桁になったときは一桁になるまで足し続けるのが計算のルールです。

上記の例のように、計算の途中で「10」や「20」など0が現れることがあります。数秘術において0を持つ人とは、計算の過程でこのような数字が現れる人のことです。

数秘術での「0」は実は様々な秘密を持っている数字と云われています。これまで運命数や誕生数などを調べてみてもどうもしっくり来ないなって人の場合、もしかすると計算の過程で現れた「0」が影響しているかもしれません。

数秘術で0となる計算の過程が大事

ここで一番大事なことは「0がどのようにして運命数と関わっているのか」なのです。

運命数の0の関わり方は2つのパターンがあります。「5+5、1+9などのように足して10になる」か、それとも「20、30などのように分母に0が含まれているか」です。

スポンサーリンク

このパターンの違いと数字の組み合わせにより、結果的には0以外の運命数に成るとしても、より深く分析できるのです。具体的には「1+9の人と、4+6の人などでは、結果的に同じ10になるとしても微妙に性格や特徴が違う」ということです。

数秘術で0への成り立ち

①1+9の場合「発想力のオアシス」

このタイプの人は、自分のアイデアや発想が思考のとても深い場所から出てくるという特徴があります。

②2+8の場合「どんな時でも冷静沈着」

自分の心の中に常に明と暗を持っているタイプです。つまり、楽天的な部分と用心深い部分が両面を持ち合わせています。

 

③3+7場合「努力を怠らない強い心の持ち主」

自分の精神世界の中にとても根気強さを求めがちです。能力を誇示しないことで周囲の人からも一目置かれやすく、周りからすると「いつの間にそんなにすごい人になっていたの」と驚かせることもあります。

④4+6の場合「バランスの取れた心の持ち主」

人生は理想と現実との折り合いを付けることの繰り返しです。4と6の組み合わせの人は、そのバランス取りが生まれ付き上手です。

常に客観的に見ることができ、セルフコントロールが上手で、自分の心の中の安定に安住を求めるタイプとも言えます。

数秘術で〔分数〕で0を持つ人

⑤〔分数〕2+0で20の場合「最強の洞察力の持ち主」

とても洞察力に優れています。特に対人関係におけるコミュニケーションにおいてその力は如何無く発揮され、相手の行動や言葉1つでその心理を読み取る能力に長けています。

自分に自信が無いとネガティブな思考に陥ってしまいやすいので、ある程度は「他人は他人」と割り切ることが必要です。

⑥〔分数〕3+0で30の場合「繊細な心の持ち主」

繊細な感受性の持ち主であるがゆえ、自分が本当は何をしたいのかが分からなくなってしまい、優柔不断で臆病になりがちです。あなたの心の声に一緒に耳を傾けてくれて、道標を示してくれるパートナーや仲間との出会いが、人生を好転させてくれるはずです。

⑦〔分数〕4+0で40の場合「基本的には安定思考」

「安定を求める性格」と「刺激を求める無意識」の板ばさみになるパターンが多いです。おのれ自身の性格は安定・安泰志向ですが、一方で潜在意識では破壊衝動とも取れるような激しい激情を発しています。

その二面性とどのようにバランスを取り折り合いを付けていくかが重要です。

⑧〔分数〕1+0で10場合「強いパワーの持ち主」

0との深い関わりがあり、霊的な感覚が優れている人でもあります。その能力が最も高いのが「運命数が10(=1)」になる人なのです。

この人は0が持っている直感の力に特に優れていますので、アーティストやクリエイターにも向いていると云われています。

運命数0の持つ意味はスピリチュアル?

「0」は全てをリセットする神聖な数字と云われています。
0は、始まりの数字であると同時に終わりを表す数字でもあります。この数字が運命数に含まれる人も、物事の始まりと終わりのタイミングを見極める能力が高い人です。

それを察知してどのように身を引くか、そして波に乗るか。思考の柔軟性と多岐さを手に入れることで、優れた判断力を持つ人になります。

「0」が表している最も大きなものは「無」。「0」は「何もない」ことを示す数字であるため、「無」を象徴しているものと考えられます。

しかし、「無」だからといって意味がないかというとそうではありません。数秘術での「0」が示しているのは、「無」の中にある存在です。

自分の気持ちは見えないし、他人の感情は分からないし見えないけれど、しっかりとそこに存在するものですね。

つまり数秘術でいう「0」つまり「無」とは、「見えない物」という意味を持っているのです。

おわりに

0は精神世界ととても重要な結び付きをしている数字です。感受性が強い人が多く、自分の心の強さをどれだけ磨くことができるかが人生を決めると云われています。

人生は不運な時と好調な時の繰り返しです。あの時こうしていたら…なんて思うことってありますね。あなたを肯定し助けてくれる素敵な仲間との出会いがありますように願っています。

 

★数秘術の記事一覧へ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました