卒業旅行でタイのプーケット島・バンコクに行ったブログ!プランや食事は?

お出かけ情報
スポンサーリンク




卒業旅行の行先はタイのバンコク、プーケット島へ 人数は7人で宿泊日数は6泊しました。(1泊は車中泊)。男7人の思い出話は痛快です。
卒業旅行にタイをチョイスする人いるかな?自由なプランを参考に読んでみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

卒業旅行でタイに行ったプランおよびルート


私は大学のクラブの同級生たち6人(私を含めて7人)で卒業旅行に行きました。

全員男性ばかりなので観光とリゾートが半々ぐらいの割合ぐらいにしようと考えて、タイのバンコクで2泊、プーケット島で2泊のプランにしました。

私たちが行ったのは3月であり、株式会社ジャパンアメニティトラベルの「エキサイティング・プーケット得々プラン7日間」という内容です。

このプランは基本的にはフリータイムが多めのプランであり、宿泊するホテル、バンコクの市内観光と昼食以外は自由行動になっていました。
バンコクの市内観光では王宮グランドパレスの観光がありました。

それ以外の場所の指定はなかったので日中に水上マーケットやスネークファーム、ルンピニー公園に行き、夕方にはタイ唯一のギャンブルであるムエタイ観戦に行きました。

プーケット島ではパラセーリング、バナナボート、スキューバダイビングなどの遊びやサンゴ礁の鑑賞、そしてバンジージャンプをやりました。

卒業旅行でタイのバンコクでの食事は?


このタイの旅行の間は2日目のバンコクの市内観光後の昼食以外は指定がなかったので、1日目の夕食はバンコク市内の屋台でタイ風ラーメンを食べました。

日本のラーメンほどの品質ではないですが、安くておいしいことでは日本にはかないません。2日目の昼食はビュッフェランチだったのですが、ここでトムヤンクンを初めて食べました。

私は辛いものが好きだったので抵抗なく食べられるだろうと思っていましたが、辛さよりもナンプラー(魚醤)の臭みが耐えられませんでした。

スポンサーリンク

私としてはこの臭みがなければおいしく食べられると感じた料理でした。タイの料理はメインの肉や魚の付け合わせの野菜には香草などの香りの強いものが多くて私は苦手でした。

おいしいと感じたのは屋台のラーメンやタイ米を使ったチャーハン、レストランでの春巻きなどです。

ただやっぱり日本人には少し合わない料理が多い印象であり、3日目の夕食では日本料理店に行ってしまいました。

そこで食べた白米ときゅうりのキューちゃんのおいしさが今でも忘れられないです。お土産に関しては水上マーケットで売られている様々な小物を売りつけられたのが思い出に残っています。

バンコクには有名ブランド品を売っているビルなどもありましたが、そういったことにあまり興味がない男性メンバーばかりだったのですみませんがあまり覚えていません。

関連記事 >>> 地球の歩き方にて卒業旅行でヨーロッパ へ一人旅20日間の過去ブログ

卒業旅行プーケット島での思い出話・エピソード


私がこの旅行で一番思い出に残っているのがプーケット島でのバンジージャンプです。人生初のバンジージャンプだったのですが、50Mの高さから下に飛ぶときの怖さはもう経験したくないですね。

エレベーターで上に上がっていき、インストラクターの方の掛け声で飛ぶのですが、私は下を見てしまうと恐怖心が出るので下を見ずに一気に飛びたいと思っていました。

しかしインストラクターが飛ぶ前の場所を指定し、完全に下の景色が見える位置に来て、「3,2,1、バンジー!!」と掛け声をかけてきます。

いやいや、これはとても1回で飛ぶ勇気は出ません。

気を落ち着けて飛び降り自殺者の心境で足から飛びましたが、最初の勢いで下に到達してしまえば、あとは体に巻き付いてロープがブランブランと揺れているだけで怖くなかったです。

7人中6人がバンジージャンプをやったのですが、頭から飛び込みの選手みたいに飛んだ同級生たちは下の池で濡れてしまっていて、少し笑ってしまいました。

関連記事>>> 高校の卒業旅行で台湾に行ったおすすめな安いプランやお店情報は?

おわりに

~卒業旅行このプランの良かった点やまずかった点~
この旅行のプラン自体はフリータイムも多かったですし、宿泊するホテルも豪華でウェルカムドリンクもあったのでかなり良かったと思います。

まずかったところと言えば、プランというよりタイの気候を事前に知っておけばよかったということです。日本での3月と言えばまだ春には遠くて肌寒い時期ですが、タイは年中が真夏の気候です。

バンコクでのルンピニー公園も昼間に行ったので暑さが強烈でしたし、私も含めて同級生たちは帰国後に日焼けしすぎて、皮がめくれて汚らしくなっていました。

日本の夏よりも激しい暑さの対策が必要だと感じましたし、逆に帰国後の日本の寒さ対策の服を準備できていなかったのがまずかった点と言えます。

あとは食事ですね。この旅行に行って初めて日本の料理やビールが最高だと感じました。タイの現地ビールは味も薄くてしかも平気でぬるい温度で提供されるので参りました。

現地の水は飲めませんが、セブンイレブンなど日本でもおなじみのコンビニエンスストアがあるのでそこでミネラルウォーターを買えば大丈夫です。

こういったことを考慮すれば、いい卒業旅行ができる場所だと言えます。ご参考までに。

関連記事 >>>UAE・モロッコ・ケニアへ卒業旅行のブログ!プラン・食事・エピソードは?

タイトルとURLをコピーしました