ケーキの飾り付けをいちご以外で作るときの食材とアイディアとは?

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




ケーキの飾り付けと言えばいちごが定番ですが、いちごが手に入りにくい時期や高価な時にはいちご以外の飾り付けにすることもあります。

例えば、生クリームを塗った後にブルーベリーとミントなどのハーブを乗せれば、洗練されたオシャレな印象のケーキになります。

また、安く買えるパイナップルの缶詰やみかんの缶詰、キウイフルーツやぶどうなどなるべく多くの種類のフルーツを乗せれば安価でも豪華なケーキが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケーキの飾り付けをいちご以外で100均のデコレーション用食材


今では100円ショップにお菓子のデコレーション用の食材が豊富に売っているので、ケーキを作るときは必ず利用しています。

いろんな色のチョコペンが売れているので、それだけで可愛い絵を描いてデコレーションしても十分見栄えがしますし、相手の名前など文字を入れればプレゼントした人にも喜ばれます。

また、アーモンドスライスや細かく砕いたアーモンドなどのナッツ類をケーキの周りに貼り付けたり、銀色のアラザンやハート形や星形などの色とりどりな砂糖菓子を散らせばフルーツなど豪華な飾り付けがない時でも可愛くて見栄えのするケーキになります。

ただ、カラフルな砂糖菓子は飾り付けてすぐ食べる分には綺麗なのですが、時間が経つと表面が溶けて色が落ち、生クリームに色が滲んでしまってせっかくの見栄えが損なわれてしまうのが難点です。

誰かにプレゼントしたい場合などは、カラフルな砂糖菓子は避けた方がいいなと思いました。

ケーキの飾り付けをいちご以外で食材でないものでデコレーション


ちょっと変わった飾り付けでは、食べられないものでデコレーションするのも楽しいです。
紙に自分で絵を描いて切り抜き、裏にテープで楊枝を貼ればお手製のピックが出来上がります。

好きなキャラクターや動物、旗やアルファベットなど自由に描いて作ることができるので色々なデコレーションができ、自由度も高いので華やかなケーキになります。
また、盆栽やガーデニングに使う小さなフィギュアもアルコールスプレーで消毒すればケーキの上に乗せることもできます。

スポンサーリンク

動物やいろんな行動をしている人間のフィギュアなどがあるので、ケーキの上にちょっとしたストーリーを思い起こさせるようなデコレーションも出来ますし、食べ物以外のものが乗っている意外性もあって驚かれるし楽しんでもらえます。

     関連記事>>> 手作りクッキーのラッピングを100均で可愛くアレンジしてプレゼント!結果はいかに?

冬場はやはり生クリームの上にいちごをのせるといちごが甘い時期なので味もおいしく、見た目もかわいく作ることが出来ます。しかし、夏場のイチゴは甘くなく、なんともおいしくないものが多いです。夏場はさらに生クリームも暑さで溶けやすいですのであまり向かないかなと思いました。

ケーキの飾り付けをいちご以外で市販のお菓子利用


もっと安く手軽にというのであれば、市販のお菓子をデコレーションするのもオススメです。クッキー菓子やチョコレート菓子など色とりどり、形もさまざまなものをのせればお菓子のおうちのような楽しいケーキになります。お子さんがいらっしゃる方は一緒にデコレーションすれば楽しい思い出になると思います。

市販のお菓子をのせることで、見た目もかわいいし、味もおいしいのは間違いありません。最近は、ケーキを作ってすぐに食べれる状態であれば、ケーキの上に飾りつけとして、パイの実やコアラのマーチをのせたりします。

時間がたって食べるのであれば、せっかくのパイのサクサク感や見た目のツヤっと感がしなしなになってしまいますので食べる直前にのせるのをおすすめします。

また、10月はハロウィンの時期でもあったので、ケーキにチョコレートコーティングを行い、数本ずつポッキーをケーキにさして牢獄感を出したり、お菓子のバームロールに残ったチョコレートで目や傷を書いたりしてミイラ男風の飾りを作ってケーキの上に置きました。

黒いチョコレートの上に白いバームロールを置くと色のアクセントになり、とても目をひくような仕上がりになりました。
今度ケーキの飾りつけを行うときには、そのままのお菓子をのせるのではなく、クッキーの型抜きでバームロールなどをいろんな形にくりぬき、飾りつけを行ってみようかと思います。

関連記事 >>> ケーキの飾り付けにいちご以外で代用したものは?工夫アレンジ実践記

おしまいに

ケーキやクッキーなどお菓子作りは好きで挑戦はしてみるのですが、形が不格好だったり、焦げたり、膨らまなかったりと失敗は続きます。クッキーは焦げた場合は、香ばしくもともと黒っぽいクッキーとごまかしたりしますが、不格好なのは隠せません。

そこで最近、ケーキを作り、不格好になった場合は生クリームやチョコレートでコーティングし、ごまかすという技を覚えました。

ケーキの片側がへこんだ場合は、へこんだ側に多めに生クリームやチョコレートを乗せたりし並行に見せます。オーブンでケーキを焼くと失敗しても手は出せませんが、飾りつけは自分の思うままにすることが出来るし、手直しもしやすく、ケーキの上にいろんなものを置いてみるとそちらに注目が行くのでケーキの不格好が気になりません。

ケーキの飾りつけは見た目だけでなく、味もおいしく頂けるように、生クリームやチョコレートにあうお菓子を見つけていきたいと思います。ご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました