ポケモンカードの買取価格がアメリカで高騰!?ピカチュウ人気再来?

くらしの知恵の輪

ポケモンカードは20代や30代の若者はなつかしいですね。。

今、海の向こうのアメリカでポケモンカードが大ブームのようです。

年代物のポケモンカードの中にはこの数カ月に価値がうなぎ上りとなったものもあると言われています。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で、自由な時間が増えたことが影響しているのでしょうか。

オンラインでの新たな販売方法が展開される昨今です。

スポンサーリンク

アメリカでピカチュウ人気再来?


調べによりますと、オークションサイトのイーベイでは、2020年にトレーディングカードの売上高が142%増と記録的な伸びとなったとのこと。

中でもポケモンカードがベースボールカードを抑えてトップだったようです。

 

この勢いは今年も続き、1-3月(第1四半期)のポケモンカード出品は1046%急増したのです。

 

創業者の1人、アナス・セーラム氏は「ポケモンカードはアメリカで狂乱的なブームになっている」と指摘されています。

 

ポケモンカードの買取価格はいくら?

米ウィスコンシン州ランダムレークに住む機械エンジニア、マーク・シニンガーさん(24)はピカチュウやヒトカゲなど、子供の頃に集めたポケモンカードのコレクションを売って4500ドル(約49万円)の副収入をゲットしたんですって。

スポンサーリンク

シニンガーさんは「いつか価値が出ると思って取っておいた」そして「自分は正しかった」と話されていたのでした。

 

シニンガーさんは既に得た資金をマンション購入の頭金に回したそうですが、特別なフォルダーに保管する100枚ほどの年代物カードは当面、売るつもりはないと語られていました。

 

「コレクターにとってはお金がすべてとは限らない。」とポケモンカードをみつめて「懐かしい気持ちでいっぱいだ。子供の頃を思い出す」とほのぼのとした気持ちが伝わりますね。

ポケモンカード日本でのつぶやきは?

こちら日本でもつぶやきは、

「もうちょっと販売数増えてほしいと思うもののポケモンカード自体ここ最近品薄なんだよね。かなしい。」

「レアカードであれば数万円単位での取引も珍しくはないが、昨今は数百万円台での取引も発生している」

「『リザードン(かいりき)』200万円買取!」 はあ~?

その道に詳しい方の解説によりますと、「欲しい人がいればニーズが生じますから、最新のカードから初版の古いカードまで様々なカードが取引されます。

 

そして古いカードで状態が良いまま残っているものは枚数が少なく、市場に出回る機会が少ないです。

 

それが初版のような古いカードに高値がつくシンプルな理由です。またそれ以後も、限定品のようなカードが発売されていますのでそれらもプレミアムな価値がつきます。

 

一方で、価格というのは常に変動しますから、ある買取店でいくらの査定価格になったから別の買取業者でも同じ価格、という相場のようなものはありません。」

 

「リザードン」はもともと人気が高くてその中でもレア度が高いのは、初期の一部カードです。

 

本来「かえんポケモン」と書かれているリザードンですが、初版カードだけ「かいりきポケモン」と書かれて発売されていました。

 

これは「かいりきリザードン」と呼ばれ、超高額買取の理由となっているそうです。

 

人気記事 >>> 星ひとみ天星術・木下レオン帝王占術の違いは?幸運の呼び寄せ方って?

 

さいごに

所有していること自体がステータスになるレアカードは、話題が話題を呼んでバブル的な人気を爆発させるのですね。

 

「トレーディングカードという文化を根付かせた」とも言われるポケモンカード。「このフィーバーはいつまで続くだろうか。」波の行方が気になります。

タイトルとURLをコピーしました