こころとからだを健康にしてくれるホルモンとは? タッチケア効果は?

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




最近「ストレスがたまって疲れがとれない。」という人も多いのでは?
新型コロナウイルスの影響でしょうか?
テレビ番組でオキシトシンというホルモンに注目して、あなたの心と体を健康にしてくれる最新の研究成果をとりあげていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こころとからだを健康にしてくれるホルモンとは?

「オキシトシン」というホルモンは「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」とも呼ばれています

オキシトシンは、ストレスや痛みを和らげたり、血圧を下げたり、ダイエットや美肌にも効果が期待できるとか。
大好きな人とハグしたりキスなどスキンシップによって分泌されるホルモンとして知られています。

最新の研究成果では自分一人でも、簡単にオキシトシンを出すことができるようです。
心と体を快適にしてくれるオキシトシンのパワーを国内外の研究をもとに紹介していました。

オキシトシンをたくさん出すには?

オキシトシンは老若男女関係なく、スキンシップで分泌を促すことができます。
ハグやキスといったスキンシップは最も有効と言われています。
離れて暮らしている親や友人たちと電話で会話することも効果的です。

時節がらオンラインでも、一緒に食事をするとオキシトシンの分泌が期待できると報告されていました。

会話をしたり一緒にダンスやゲームをしたりすることでも分泌が促されます。
意外でしたが、1人だけでも、映画や本で感動したり、運動したりするとオキシトシンが分泌されるようです。

ペットと一緒に暮らしている方は、ペットとふれあうだけでもオキシトシンが分泌されるとか。

肌に触れる「タッチケア」の効果

今、医学界や介護の世界でオキシトシンが持つさまざまな効果が注目されています。

医療機関では、痛みやストレスを抱える患者さんを対象に、肌に触れるケア「タッチケア」を取り入れていると報告されました。

スポンサーリンク

「タッチケア」を取り入れることで、痛みが和らいだり、血圧が下がったりという、さまざまな効果がオキシトシンにはあると考えられています。

うれしいことに、日常のストレスや不安、痛みの軽減などに効果が期待できます。専門家が研究をもとに考案され、タッチケアは家庭で簡単に行うことができます。

タッチケアのやり方

(1)いすの背やテーブルにもたれて、楽な姿勢をとりましょう
(2)両の手の平を背中にピッタリとつけ、全体をなでます。1回10分程度。

ポイントは1秒間に5センチ程度のゆっくりとした動きで、手の平でアイロンをかけるようなイメージで行うことです。

タッチケアは、される人よりも、する人の方がより多くオキシトシンが出ると言われています。

1人でもできるタッチケア

リラックスした状態になり、手の平で優しく包み込むように腕・胸・腹・腰・脚を順番になでてみましょう
専門家によりますと、5分程度行うとオキシトシンが出てくるそうです

こころとからだを健康にしてくれるオキシトシンの最新研究は?

最新研究ではオキシトシンは私たちの心と体によい影響をもたらしてくれることが分かってきました。
世界中で注目されています。

オキシトシンは肌の傷を治す皮膚の幹細胞の動きを活性化し、ターンオーバーを促すことが日本の化粧品メーカーなどの調査から分かりました。

私たちの肌は、一定のサイクルで新しく生まれ変わっています。この肌の代謝のしくみを「ターンオーバー」とよびます。このターンオーバーのサイクルが乱れると、肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルの原因になります。

さらにオキシトシンを薬や化粧品に応用できないかと研究を進めておられます。
オキシトシンは私たちの人間関係にも影響を及ぼすことが分かってきているようです。

【スイスの大学でのオキシトシンを使った実験の報告】
カップルに現在抱えている問題について話し合う場面を設定

オキシトシンを鼻から吸ったカップルは、オキシトシンが脳に作用して、カップルや家族との関係を良好に解決しました。
しかし、吸わなかったカップルはケンカに発展したという報告でした。

オキシトシンが脳に作用して、カップルや家族との関係を良好にすることにつながったと考えられています。

行ってみたくなる場所 >>> 古関裕而氏の像や生誕の地記念碑・記念館はどこ?口コミ情報は?

おわりに

オキシトシンは最新研究で私たちの心と体によい影響をもたらしてくれることが色々と分かってきました。
ひとりで簡単にタダで出来る「タッチケア」からまずは始めて、「幸せホルモン」をたっぷり出してみませんか。

私も「タッチケア」を実践してみて気持ち良さから、ストレスや痛みが和らいでいるのではないかと実感します。

タイトルとURLをコピーしました