70%エタノールで除菌!効き目の強い消毒液の作り方は?手指の正しい消毒方法は?

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




マスク・手洗いと並んでウイルスを寄せ付けないために除菌する消毒液は必需品ですね。

エタノール=アルコールのことで、無水エタノールは水の入っていない濃度100%のアルコールです。

殺菌能力が高い消毒用アルコールの濃度をご存知ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

70%エタノールは殺菌能力が高い?


消毒液は使い方のとおりに使うことが大事だと言われます。

例えば消毒用エタノールなら濃度100%ではなく70%位に調整されて売られています。100%よりも70%の方が殺菌能力が高いからです。

エタノールの殺菌作用は70%水溶液(エタノール:水=7:3(質量比))程度で発揮されます。

 

70%エタノール消毒液の作り方は?

「無水エタノールで消毒液の作り方」
用意するもの
無水エタノール
精製水(水)
容器

手作り消毒液の材料は、「無水エタノールと、精製水(水)」です。

エタノールの値段は店舗やメーカーによって変動しています。

【100ml作る場合】
無水エタノール70mlを入れる。
精製水30ml強を加える。

スポンサーリンク

この2つを混ぜ合わせるだけですので、簡単に作ることができます。

容器に目盛りを書いておいて注ぐと便利です。

無水エタノール:精製水=7:3
分量は基本的にこの割合です。

私自身職場で化学実験業務をしているのですが、消毒液はずっとこの割合で作って使用してきました。

家庭ならドラッグストア又は通販で無水エタノールと精製水を購入して作ると良いと思います。

諸注意!
1.無水エタノールはアルコールですので、引火しやすいので火のそばで使ってはいけません。
2.蒸発しやすいのでフタをしっかり密閉して、直射日光の当たらない冷暗所で保管しましょう。
3.目や口などの粘膜につけないでください。
万が一、粘膜に触れたときは、「大量の水で洗い流しましょう。

飲み込んだ場合は、「水を飲ませて吐かせる」等の処置をして病院に行き医師に診察してもらってください。
特に、小さなお子様がいる場合は「誤飲しないよう」置き場所にはくれぐれもご注意してください。

参考記事 >>> タオルを捨てるタイミングはいつ?洗濯に柔軟剤を使用するのはNG?

手指の正しい消毒方法


手や指の消毒方法についてメディアで「正しい消毒方法」を紹介していましたのでまとめてみます。

消毒液を手や指に手の平にしたたるくらい液をつけます。
爪や指の間などにも「すりこむように」しっかり擦り合わせます。

結構たっぷりと感じるくらい手につけ、そして揮発する前に「素早くすりこむ」のがコツです。

手指をアルコール消毒するのは「この時」
1.食事の前
2.菌のありそうなものを触った後
3.トイレの後
4.帰宅後

消毒は予防ではありません。
「菌をリセットする」のが目的です

消毒は「食事の前やトイレの後」が効果的なようです。

ただし、消毒だけでは汚れは落ちませんので
「手洗い」とセットで行いましょう。

 

アルコール消毒液を何度もつけると「手が荒れないのでしょうか?」
「はい。そうなんです。」
アルコール液で何度も消毒をすると「手荒れ」の心配がでてきます。

メディアの報告によりますと

「何度も消毒していると、手が荒れてきます。手荒れして手の表面がガサガサになると、ウィルスが付着しやすくなるので注意してください」
とありました。

 

おわりに

繰り返し「消毒」をすると、やはり手荒れするのです。私自身も経験があります。ガサガサした指でストッキングをさわる時は伝線するのではと、ヒヤヒヤしました。

ガサガサの手で顔を洗うのも肌ざわりが悲しいですので、手がガサガサにならないように、消毒後には「化粧水やハンドクリームをつけて保湿ケアをする」ことが大事です。

ご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました