やせる即効性のダイエットのやり方は骨盤のゆがみのリセットから!?

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




骨盤を整えると、やせやすく、太りにくい体になることご存知でしたか?

ゆがんだ骨格や、バランスを崩した筋肉をリセットして、骨盤のゆがみを整える運動を教わりました。

骨盤リセットのやり方はとても簡単でした。寝たまま短時間で行えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

骨盤のゆがみのリセット

骨盤の動きは、大きく分類すると「前傾・後傾」「上下」「回旋」の3つあります。骨盤のゆがみをリセットするには、この3つの動きを合わせた運動をすることです。

用意するもの
バスタオルを2つに折り、くるくるとまるめたものを用意してくださいね。

「前傾・後傾の動き」

❶あおむけに寝ます。
両ひざを立てて足の裏をしっかり床に着け、腰(へその裏側)と床の間にバスタオルを挟みます
❷鼻から息を吸いながら背中を反らせ、おなかを膨らませます。

❸鼻から息を吐きながら足で床を踏んで、バスタオルを支えにお尻を持ち上げお腹が天井方向にひっぱられるイメージです。②〜③を5回リピートします。

この運動で、背筋と腹筋を交互に使い、骨盤のバランスを整え美しい体形をつくります。

「上下の動き」

❶両ひざを曲げて足を立て、腰(へその裏側)と床の間にバスタオルを挟みます。
足裏で床を踏み、腰を丸めた状態から始めます。

❷鼻から息を吸いながら、両ひざを右に倒します。このとき、両肩は床につけたままです。
❸鼻から息を吐きながら、両ひざを中央に戻します。
❹鼻から息を吸いながら、両ひざを左へ倒します。このとき、両肩は床につけたままです。
鼻から息を吐きながら、両ひざを中央に戻します。これを左右交互に5回繰り返します。

スポンサーリンク

この運動で、全身を伸縮させ全身の筋肉をバランスよく鍛え、太りにくい体になります。

「回旋の動き」-①

*バスタオルの置き方のポイント
骨盤の右側の対角線になるように置くこと

❶右のお尻と床の間に斜めにバスタオルを挟みます。右手で右ひざを抱え、左手は床に下ろします。

❷鼻から息を吸いながら、背中を反らせ、右ひざを外に大きく開きます。

❸鼻から息を吐きながら、右ひざを中央に戻します。これを5回リピートします。
右側が終わったら、バスタオルの位置を左腰と床の間に変え、左側も同様に行います。

「回旋の動き」-②

❶右のお尻と床の間に斜めにバスタオルを挟みます。左手で右ひざを抱え、右手は床に下ろします。

❷鼻から息を吸いながら、背中をそらせ、両ひざを左へ倒します。右ひざが床につけば理想ですが、無理のない程度で行いましょう。右の肩と腕は、なるべく床から離さないようにします。

❸鼻から息を吐きながら、両ひざを中央に戻します。これを5回リピートします。

右側が終わったら、左側も同様に行います。

この体を大きくひねる動作で、体の深部にある筋肉まで鍛えることができます。

注意する点
朝起きてすぐや寝る前など、いつ行なってもかまわないようですが、食後すぐは避けてくださいね。

骨盤が常に前傾している状態では内臓脂肪がつきやすくなり、内臓も下垂してきて内臓が下垂すると体は冷えやすくなるようです。
その冷えを解消するために、さらに内臓脂肪をつくのは避けたいですね。

また、骨盤の左右を交互に上下に動かす動作は、筋肉をバランスよく整えて、太りにくい体質に変えてくれるようです。

回旋とは
仙骨(骨盤の後部上方にある大きな三角形の骨)を挟んだ両側の寛骨(骨盤を構成する左右一対の不規則形の骨)が、前後に動くことを回旋と言います。

やせる即効性のダイエットの意味

骨盤底筋群という子宮や膀胱などの下腹部の臓器を下でハンモックのように支える筋肉があります。

ここがゆるむと骨盤がゆがみ、ボディラインが崩れてきて、尿モレや膣のゆるみの原因にもなると知り嫌ですね。

「前傾・後傾の動き」「上下の動き」「回旋」とこの3つの動きには、骨盤底筋群を締める効果があると聞きました。

逆に締まると、おなか、背中、太ももに力が入り、体幹軸が整うので、骨盤のゆがみが解消されていくのだとか。

下腹部に垂れ下がっていた内臓も引き上がるので、ポッコリ下腹が解消し、ボディラインが整いお尻もキュッと上がると説明されました。

姿勢がよくなることで、胸を自然に張れるので、バストアップにもつながるという情報はうれしいですね。

人気記事 >>> 高カカオチョコのおすすめは通販で購入!食べ比べたおいしい情報とは?

おわりに

骨も筋肉も全身でつながっていて、骨盤はその要となっています。骨盤のゆがみが解消されれば、顔のたるみも解消されていくと知り驚きました。

自分のポッコリお腹の原因までわかってきました。
骨盤がゆがんで開くと、中におさまっている臓器の位置も下がり、下腹部がポコッと出てしまうようです。

腸の動きが鈍くなって便秘になりやすくなり、子宮や卵巣の正常な働きが阻害されることもあるようなので怖いでね。

体にコリや痛みが生じるのは、骨盤がゆがみ、連動して背骨や股関節、肋骨などもゆがみ、周囲の筋肉は、元の状態に戻ろうとして硬直してしまうようです。

体が硬直すると、血液やリンパの流れも悪くなるので、むくみやすく太りやすい体になると言われます。

骨盤のゆがみが、見た目の悪さ、プロポーションの崩れをもたらすだけでなく、健康や精神の状態にも深く関わっていて、骨盤の大切な役割を知りこの運動を続けたく思いました。

ご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました