からだの不調の原因は?正常な骨格とゆがんだ骨格での違いは?

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




骨盤や背骨のゆがみは、見た目の悪さだけではなくて、
肌荒れやぽっこりおなかなどの身体の不調の原因になることもあると言われています。

骨格の土台となる骨盤が正しい位置にあることが、
健康と美しさのためにとても大切であることを知っていましたか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正常な骨格とゆがんだ骨格での違いは?

それでは、正常な骨格とゆがんだ骨格での特徴をピックアップしてみます。
自分で鏡の前に立って姿勢のチェックをしてみませんか?

正常な骨格
1.頭の位置が背骨の上にある
2.あごのラインがシャープに
3.胸が上向きになっている
4.姿勢美
5.ウエストがくびれている
6.下腹がすっきりしている
7.お尻がキュッと締まっている
8.美脚

素肌美
・うるおい
・ハリ
・ツヤ
・小顔

ゆがんだ骨格
1.頭の位置が前にずれている
2.猫背になる
3.胸が下がる
4.くびれがなくなる
5.下腹がぽっこりと出る
6.冷え・むくみ
7.下半身太り

老化肌
・乾燥
・ニキビ
・シミ心地
・シワ
・たるみ
・二重あご

人間関係や日々の食べ物がゆがみの原因になる?

整体額の本を読んでいてハっとしました。
からだのゆがみというものは、整体学的には、肝臓や腎臓の疲労による捻れが元でそれが、肩胛骨(理性)と骨盤(本能)の可動性に作用しアンバランスを生じるのだと書かれていました。

また、肝臓というのは、頭を使いすぎると硬直するものだそうです。現代人は頭を使いすぎて肝臓が疲労している人が多いようです。

単に頭を使ったり、肉体疲労は心地よいもので一晩ぐっすり眠ることで疲れはとれます。
反対に精神的な疲労は苦痛の連続であり、寝ても覚めても精神的な疲労はとれません。

スポンサーリンク

嫌な人に出会ったときの対処法は?

姿勢が大事だということは解ってきました。
そして、嫌な人に出会ったときに、自分の姿勢に注意を払いなさいとありました。

決して肩を前に入れてはいけないのです。お腹を前に膨らませるのだそうです。お腹を開くように腹を突き出すのです。これだけでも、心の持ち様が変わりからだのゆがみが入らない形になるということです。

この構え方を覚えておくとからだに良いのだと心得えました。

和式トイレの活用のすすめ

現代の日本人は正座をすることもなく、洋式トイレが増えたので和式トイレの便器にかがむことも少ないし、寝るのもベッドで、膝を折りたたんだり膝の力で自分の身体を持ち上げるようなことが無くなってきたと言われています。

膝の力が無くなると、足の指で地面を掴むような足の力も弱くなるそうです。

年をとってよく転ぶのは膝の力が無くなって、膝が曲がらず、足の指の力も無くなって地面の着地が足のつま先になってしまうというのが現実なのです。

関連記事 >>> 運動不足解消!インターバル速歩の効果は?歩き方の基本は?

おわりに

からだのゆがみってこわいですね。
でも、正直にゆがみと病気はつながってしまうのだと理解できます。

肥満の中年は膝が弱い、また膝が弱ると肥満になるとのこと。

自分の膝の力をこの際見直してみてくださいね。

そして、自分で鏡の前に立って姿勢のチェックをすることから美と健康を維持して年を重ねていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました