花粉症かな?かぜ症状に肌あれやかゆみ!予防や対策はどうしてる?

くらしの知恵の輪

近年は子供の花粉症患者も増えていると言われます。
一度花粉症にかかると毎年症状が出ることもあり、たくさんの人たちが悩まされています。

花粉症のシーズン到来でそのつらさを緩和するために適切な早めの対処が必要です。

スポンサーリンク

肌あれやかゆみの原因は花粉?

空気中に飛散している花粉が鼻や目の粘膜に付着すると、身体が免疫反応を起こして、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・充血などのアレルギー症状を発症するようです。

そして、花粉が肌に付着することで、湿疹・赤み・かゆみなどの「花粉皮膚炎」と呼ばれる症状もみられることがあると言われています。

「花粉皮膚炎」は顔や首などの露出部で起こりやすく、肌のバリア機能が低下している状態だと誰でも発症する可能性があるようです。鼻や目は比較的早くアレルギー反応が出るのに対し、肌の症状は、じわじわと時間をかけて現れてくるのだとか。

鼻や目に症状が現れたら、肌にもトラブルが現れる可能性があるため、肌のバリア機能を良い状態に保つ対策も必要であるということでした。

特に注意の必要な方
・アレルギー体質の人
・敏感肌や感想肌の人
・アトピー性皮膚炎や湿疹などの肌トラブルのある人
・睡眠不足の人
・体調がすぐれない人

花粉症の症状を軽くするには?

花粉症の症状を軽くするためには、症状がひどくなる前に、後述の花粉症対策と、抗ヒスタミン薬の服用などを行うことが大切です。

目の周りはかゆいからといって強くこすってしまうと、角膜を傷つけることもありますので、お子様は特に注意が必要です。

皮膚症状がひどくならないように専門医に相談してステロイド剤の使用により治療しましょう。

スポンサーリンク

「花粉皮膚炎」の予防として、年間を通して肌の保湿ケア・紫外線対策を行うことで、肌のバリア機能を強く保つことができるそうですよ。

花粉症の原因となる植物

花粉症の原因となる植物は種々あるのですが、特に患者数が多いのがスギとヒノキだそうです。

スギ花粉は2月から4月頃、ヒノキの花粉は4月下旬から5月上旬頃に多く飛散します。

(地域により時期は前後します。)
カモガヤ(イネ科)、ブタクサ、ヨモギ(ともにキク科)などの植物による花粉症もあり、それらは夏から秋にかけて飛散しますので、年間を通して注意が必要です。

鼻・目だけでなく花粉症の早めの対策とは?

外出時の花粉症対策

鼻・目・肌・髪の毛への花粉の付着を防ぎましょう。
・めがね・ゴーグル・マスクをつける
・帽子をかぶる
・長袖の衣類で肌の露出部分を減らす
・サラッとした素材の服を着て花粉の付着をしにくくする

家での花粉症対策

・家に入る前に、衣類や帽子についた花粉を払い落とす
・帰宅後はすぐに洗顔やシャワーを浴びて花粉を洗い流す
・花粉の飛散量の多い日中は窓の開閉を控える
・窓を開けた場合は掃除機をかける
・布団や洗濯物を外に干すことを控える

日頃から行っておく対策

・保湿や紫外線対策をしっかりおこなうこと

春先は冬から続く肌の乾燥状態に加え、紫外線が強まるため、肌を刺激から守るバリア機能が低下しやすい時期です。
バリア機能を高める、セラミド配合化粧品などの使用がおすすめです。

睡眠をしっかりとり、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

関連記事 >>> 使い捨てマスクを何回か使う?1回ぽっきりで捨てる?正しい使い方は?

花粉症とかぜ症状との違いは?

花粉症の症状は、くしゃみ、水性鼻水、鼻づまり、頭痛や頭重、目や鼻、耳や喉のかゆみなどが主な症状です。症状は長期にわたり継続します。鼻づまりなどから二次的に意欲の低下や睡眠不足を引き起こすことがあります。

それに対し、かぜ症状は、くしゃみ、粘膿性鼻汁(色のついた鼻汁)、鼻づまりや頭痛、鼻やのどの乾燥感、発熱、咽頭痛、全身倦怠感などが主な症状です。症状は、1~2週間で改善します。

2月頃から、くしゃみや鼻水が続くと、「風邪かな?花粉症かな?」と迷いませんか?風邪と花粉症の初期症状はよく似ているので、花粉症だと気づかずに花粉症の対処が遅れてしまうことがあります。
比較表

風邪の症状 花粉症の症状
くしゃみ 間隔をあけて、数回出る程度 回数が多く、何度も連続して出る
鼻水 黄色っぽくて、粘り気がある 無色透明で、さらっとしている
目の症状は、ほとんどない かゆみがある
のど  痛みはあるが、かゆみはない かゆみや痛みがある

 

花粉症への予防策は?

花粉症への予防策としては、マスクや帽子・メガネなどを活用し、花粉を寄せ付けない工夫が必要です。また、花粉症シーズン前から抗アレルギー剤を予防薬として服用開始することが推奨されています。

マスク・メガネを着用する
マスク・メガネを着用することで、花粉の侵入を約1/6~1/3に減らすことができるようです。花粉が飛散する前から着用すると花粉症の予防にも効果があります。
帽子で花粉をガード
髪の毛に花粉が付着するのを防ぎましょう。長い髪はまとめたり、帽子をかぶります。
ツルツルした素材の服を着る
ウール・フリースなどの素材は花粉が付着しやすいため、コートなどのアウターは、花粉が付着しにくいポリエステル・ナイロンなど表面がツルツルした素材を選ぶと良いです。

「スプレーマスク」!
最近、スプレー式のマスクが顔の花粉対策グッズとして注目されています。メイクの上などから顔全体に吹きかけます。すると顔のまわりに見えないバリアを作ってくれるので、花粉の侵入を抑えてくれます。

さらに、耳鼻科専門医によりますと、風邪、アレルギー性鼻炎とは別もので寒暖差アレルギーというものもあることがわかっています。
寒暖差アレルギーの症状は、温度差が7度以上になると出やすいといわれています*1

特定のアレルゲンが原因ではないので、寒暖差アレルギーのみを対象にした薬は販売されていませんが、症状が重い場合には、療法として抗アレルギーの内服薬やステロイドの点鼻薬などを用いることもあるという先生のお話でした。

*1 出典:長谷川真也「血管運動性鼻炎の病態に関する研究」『千葉医学雑誌』75巻 57〜67ページ 1999年出版(千葉医学会)

「寒暖差アレルギーと風邪、アレルギー性鼻炎の主な症状と違い」
※大谷義夫先生の取材を基に作成されたホームページ参考文献 https://kenko.sawai.co.jp/theme/201911.html

花粉症に「なる人」、「ならない人」の違いは?

日本人のおよそ 4人に1人が花粉症に悩んでいると言われていますが、花粉症に“なる人”と“ならない人”、何が違うのでしょうか?

じつは、人間の体は花粉のような異物が体の中に入ると体に害を与えるものだと判断した場合、抗体という物質を作って異物を体の外に追い出そうとします。

花粉に対して作られる抗体はIgE抗体という物質です。

IgE抗体は花粉などの異物を、鼻水やくしゃみによって体の外に出そうとします。このIgE抗体が作られる数は人によって違うようです。

IgE抗体が少ない人は花粉症にならず、IgE抗体をたくさん持っている人が花粉症になりやすくなると言われています。

わたしはIgE抗体をたくさん持っていたようです。花粉症の予防法と改善策を調べてみました。花粉症を改善するためにはIgE抗体の数を減らせばいいわけですが、このIgE抗体の数を減らしてくれる食べものがあるのです。

それは皮つきのレンコンです。

1日輪切り3枚(約40グラム)を、2週間くらい食べ続けると効果が現れます。

花粉症改善により効果的なレンコンの食べ方は、皮をむかないで丸ごと使って食べることです。

皮をむかずに丸ごと食べることが大事なポイントでIgE抗体を抑えてくれるタンニンという物質は、
レンコンの皮の周り2〜3mmの所に集中しているからです。

レンコンを皮まで丸ごと食べるには、ポタージュスープにして食べるのがオススメです。

レンコンを皮まで使って汁までまるごと食べられるレンコンポタージュスープの作り方はコチラでご紹介します。

>>> 花粉症の改善におすすめ!れにんぼうスープとレンコンポタージュ

 

おしまいに

春先にかけて花粉は肌にとって強い刺激となります。
花粉が肌に直接触れないように工夫してくださいね。

髪の毛も花粉がつきやすいのでひとつにまとめたほうがいいようです。

いくら服装に気を使っても花粉の肌への付着を完璧に防ぐことは不可能です。

帰宅したらすぐに、顔と手をよく洗って花粉をよく洗い流しましょう。

洗ったあとは、肌が乾燥していますので、化粧水やクリームなどで肌の保湿もしっかりとすることを日常的に習慣づけると良いと思います。

花粉症に負けないセルフケアでこの時期を上手に乗り切りましょう!

つらい花粉症を少しでも改善していきたいですね。
ご参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました