ピンク筋ダイエットでスクワットの効果!冬に向けておさらいレポート

くらしの知恵の輪
スポンサーリンク




以前ピンク筋ダイエットは「世界一受けたい授業」で紹介されました。見ておられましたか?

ピンク筋とは耳慣れない言葉ですが

別に新しい用語ではありませんでした。

1970年代の生理学では普通に使われていたようです。

一般的に知られている筋肉は赤筋と白筋の2種類があります。
筋をつくる筋線維には速筋線維(タイプⅡ線維)

遅筋線維(タイプⅠ線維)に大きく分けられています。

赤筋(遅筋)と白筋(速筋)の間だから、ピンク筋なのだとか。

持久力に優れ脂肪を消費しやすい赤筋と、瞬発力に優れ、糖を消費しやすい白筋で日常生活をしているだけですと、赤と白の筋肉は1:1となり、ピンク筋はほとんど含まれません。

赤と白のいいところを兼ね備えたピンク筋は、トレーニングでしか増やすことができないようです。

ピンク筋は睡眠中も脂肪燃焼効果が期待できるといわれています。3種類の筋肉の割合は、人によって様々で、生まれつきその割合は決まっているということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピンク筋を増やす「相撲スクワット」と「まき割りスクワット」

「ピンク筋」を増やす「相撲スクワット」と「まき割りスクワット」のやり方が紹介されました。筋肉は下半身に6~7割ついているのだそうです。

「相撲スクワット」

1.足を肩幅より広めに開いて立つ。

2.4秒かけて腰を沈める

3.ゆっくり片足ずつあげ、四股をふむ

4.2回腰をゆっくり沈める

***ポイント***
ひざとつま先が、同じ方向を向くようにする
違う方向になるとひざを痛める原因になります
*****************

1日 10回を3セット行います。
(朝・昼・晩 に分けてやるなど、間をあけて実施します。

「まき割りスクワット」

1.肩幅に足を開き、前方で手を組む

2.ゆっくり4秒かけて腰を沈める

3.腰を沈ませたまま、まき割をするように
腕をゆっくり5回ふる

4.3秒かけて腰をあげ、元の態勢に戻る

***ポイント***
・腕を地面と水平にする
・おしりを後ろに突き出すイメージ
 ひざがつま先より前に出ないように
・腕は90度しっかり上げる
*****************

1日 10回を3セット行います。
(朝・昼・晩 に分けてやるなど、間をあけて実施します。

ピンク筋ダイエットで絶対やってはいけないこと

スクワットを含め、筋トレは毎日行ってはいけません。

筋肉は破壊と回復を繰り返して増えていきます。筋トレは筋肉の破壊なので、毎日同じ部分をトレーニングしてしまうと破壊ばかりで筋肉の回復が行われず、効果が得られません。

筋肉の回復は48~72時間必要と言われていますので、週3回ピンク筋ダイエット、4日休んで3日行うのがベストです!また、息を止めてのトレーニングは血圧上昇などの危険があるので、数を数えながら行いましょう。

最新記事 >>> お風呂の入り方を見直して冬の安全かつ効果的な入浴方法とは?

さいごに

久野 譜也 先生(筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授)ご指導によるピンク筋ダイエットをおさらい致しました。

ひざを痛めないように、息を止めずに数を数えながら4日休んで3日行うピンク筋ダイエットを寒い冬の時期、温かい部屋の中でおさらいしてみませんか。

人気記事 >>>花粉症の改善におすすめ!れにんぼうスープとレンコンポタージュ

タイトルとURLをコピーしました